EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NTTレゾナント、gooの検索データなどを活用するタスクフォースを開始

  2021/02/25 14:32

 NTTレゾナントは、日本電信電話(NTT)ソフトウェアイノベーションセンタが開発したデータ分析自動化技術「RakuDA」と、「goo」やQ&Aサイト「教えて!goo」、IoTサービス「goo of thing(グーオブシングス)」などを通じて得られるデータを活用し、サービス開発を行うタスクフォースを開始した。

 本施策は、「gooLab(グーラボ)」に、データ分析に特化したタスクフォースを新設して実施するものだという。同社は、この取り組みを通じて、データサイエンスに関するノウハウ蓄積や人財育成をさらに強化するとしている。

 NTTレゾナントでは、gooの検索データ、教えて!gooのアクセスデータ、goo of things等で得られるIoTセンサーデータなどと、データ分析自動化技術「RakuDA」を活用して、実証実験を行うタスクフォースを開始するという。

 このタスクフォースを通じて、サービスから得られるユーザーデータ利活用のモデルケースとなるノウハウを蓄積し、結果をgooLabサイト上に公開する。また、NTTレゾナントではこれまでも多数のAIを活用したサービスの開発・プロジェクトを進めており、データ利活用に特化したタスクフォースを新設し、社内プロジェクトを1ヵ所に集めることで、社員をデータサイエンティストに育成するための実践的体制を強化するとしている。

サービス開発概要
サービス開発概要
[画像クリックで拡大]

【関連記事】
金融機関の8割強がAIを重要視【NTTデータ グローバル調査結果】
NTTデータ、マイクロソフトとの協業でWinActorとTeamsを連携
NTTデータ先端技術が「ゼロトラスト」を解説 技術要素の組み合わせによる具体方策とは

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5