EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

6割が人材不足と回答【フレクト 企業のDX推進に関する実態調査】

  2021/04/23 13:00

 フレクトは、全国の経営層、事業本部長/執行役員クラス、部長クラスのいずれかに該当する方300名を対象に、近年、急激に期待が高まるデジタルトランスフォーメーション(DX)についての実態を明らかにするべく、「企業のDX推進に関する実態調査」を実施した。

調査結果

社員数300名以上企業の7割がDXの必要性を実感!

[画像クリックで拡大]

 社員300人以上の企業の70.5%が「DXに関する必要性を感じていますか」という問いに「はい」と答えた。多くの企業がDXの必要性を感じていることがうかがえるという。

DXに期待する効果上位3回答が削減や業務効率改善などの“守りのDX”

 DXに期待する成果・効果として最も多かったのは「コスト削減」(51.7%)。次いで「業務プロセスや業務システムの改善」(48.3%)、「リスク回避」(23.7%)という結果になったとしている。

 また、DXを必要と感じる企業は多いものの、“守りのDX”の効果を期待する企業が多く、経済産業省が定義するDXに含まれる製品やサービス、ビジネスモデルの変革を目指す企業は少ないという。

現状”攻めのDX”に取り組めていると思っている企業の2社に1社以上が実際は”攻めのDX”を行えていない

[画像クリックで拡大]

 DXに関する取り組みを行っていると回答した企業の67.0%が自社で行うDXは“攻めのDX”に当てはまると回答。

[画像クリックで拡大]

 一方で、具体的に行っているDXの取り組みを問うと、「既存事業/サービスの効率化に繋がるデジタル化」(55.3%)や「人事関連業務のデジタル化(例:出勤簿の管理)」(51.5%)といった、いわゆる“守りのDX”に該当する取り組みを行っている企業が多く、自社で行っているDXに関する取り組みは“攻めのDX”に該当すると回答した企業の56.5%が実際は“守りのDX”を行っていることが判明したとしている。

[画像クリックで拡大]

DXの必要性を感じているものの、実施に踏みきれない企業の6割以上は人材不足が課題と回答

[画像クリックで拡大]

 DXを進めるにあたっての課題については、「推進できる人材がいない」という回答が40.3%を占め、「開発できる人材がいない」という回答も27.3%にのぼるなど、DXを進めていくにあたりDX人材の不足が大きな障壁となっていることがわかったという。DXの必要性を感じているものの、実際にDXに関する取り組みは行えていないと回答した企業の6割以上(63.8%)が「推進できる人材がいない」または「開発できる人材がいない」ことを課題としてあげている。

 同社はこれからも企業と顧客がデジタルでつながるDXを支援するプロフェッショナル集団として、新しい顧客体験の創造・成長の実現を支援していくという。

【関連記事】
KDDIとオプティム、DX支援の合弁会社「DXGoGo」設立へ
アシスト、「WebPerformer」販売強化でDX推進を支援
IBMとRed Hat、Cobuilderが建設業界のDX推進を目的に「OpenBuilt」開発

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5