SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

DataRobot、島根銀行のデジタルシフトをAIで支援

 DataRobotは4月26日、島根銀行の全社的なAIサクセス(AIを活用したビジネスで成功を収める)の推進を目指し「AIドリブン組織構築プログラム」の提供を開始したことを発表した。

 本プログラムは、昨年12月8日に発表した「SBIホールディングス株式会社との戦略的資本業務提携」に基づき、SBIグループが資本業務提携する地方銀行に対して提供するものだという。地方銀行で国内初の提供先となる島根銀行では、本プログラムを通じデジタルシフトの加速を目指すとしている。

島根銀行におけるデジタルシフトの取り組み(2021年2月1日「ビッグデータ、AIを活用したデジタルシフトを目指す取組推進について」より)

  • 島根銀行のデータをAI(人工知能)に分析・解析させ、ひとり一人の要望に寄り添い、かつスピーディーな商品・サービスの提供を目指す
  • 業務効率化および合理化を目指し、これまで以上にコミュニケーションの時間を大切にすることを目指している
  • 本部・営業店分け隔てなく手作業の事務、煩雑な事務の見直し・是正を果敢に実行し、業務プロセスの見直しに着手している

 同プログラムは、DataRobotが有するAIの高度な知見やビジネスにおける成功体験を集約し、様々なビジネスの場面で活用できるようプログラム化したもので、DataRobotのAIネイティブな戦略的サクセスチームによって提供されるという。プロジェクトの進捗やAIの浸透の段階に応じて、ワークショップやセミナー等、課題解決のための技術、ビジネス両側面からの支援体制を整えている。

 同社のAIネイティブな戦略的サクセスチームは、既に島根銀行の職員に対するAI勉強会やテーマ創出ワークショップを開始しており、今後は、島根銀行の課題発掘・課題解決のためのAI実装、および現場への定着を目指すという。

【関連記事】
DataRobot、Snowflakeとの連携強化でAI活用を促進
SnowflakeやHPE、SalesforceがDataRobotへ戦略的投資を実施
DataRobot、ソフトバンク子会社のAgoopとデータパートナー契約を締結

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14334 2021/04/26 15:51

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング