EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Auth0、開発チーム向けに「Auth0 identity OS」を提供へ

  2021/05/14 12:54

 Auth0は米現地時間5月12日、開発チーム向け構築プラットフォーム「Auth0 identity OS」を発表した。

新機能について

  • Auth0 Actions:開発者の固有のニーズに合わせて自由に設定可能なトリガーに応じ、サーバーレス機能を実行する拡張フレームワーク。Auth0を簡単に拡張およびカスタマイズするためのツールと改善されたエクスペリエンスにより、開発チームはIDの問題をより迅速に解決することができる
  • Auth0 Organizations:企業のアプリケーションチームがマルチテナントアプリ、B2Bアプリ、SaaSアプリにおいて顧客やパートナーを管理するための高度な方法を提供。B2Bの実装が簡素化されるため、市場投入までの時間が短縮できるだけでなく、ビジネス顧客IDのユースケースの全体的なエクスペリエンスが向上する
  • Auth0 Identity Maturity Framework(IMF):IDに関するすべて顧客体験を視覚化するAuth0ツール。同社が大手顧客と共同開発した「Auth0 Identity Maturity Framework」のツールキットにより、現在のIDの成熟度を測定し、IDに関する組織のプランを作成できるほか、Auth0 identity OSによる現状の把握と改善方法を視覚的に確認できる

 Auth0の最高製品責任者であるShiv Ramji氏は、「この先5年間に成功した企業は、今後もさらに高まるセキュリティ、プライバシー、利便性への期待を満たすだけでなく、その期待を上回っていくことができると考えています。従来のIDプラットフォームはカスタマイズに柔軟性がないため、そうした期待を上回ることはほぼ不可能でした。しかし、将来性の高いモダンなIDプラットフォームであるAuth0 identity OSには適応性があります。統合の橋渡し、ユースケース間の橋渡し、そしてユーザーエクスペリエンスの橋渡しは、今日の企業の規模と成長を加速させるための極めて重要な要素です」と述べている。

【関連記事】
Okta、Auth0の買収完了でアイデンティティ市場における成長を加速
テレビ東京、Auth0を導入した新プロジェクト開始へ
Auth0、セキュリティとUXを両立するアダプティブ多要素認証を提供

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5