EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NTTデータ先端技術、Azureを活用したDX基盤構築の社内利用を目指す

  2021/05/20 15:58

 NTTデータ先端技術は、Microsoft Azureを活用したデジタル・トランスフォーメーション基盤構築の自社利用に向けた検証を1月より実施していることを発表した。

 本検証では、Microsoft Azureを用い、将来的な機械学習の実施も見据えた、企業情報のデータの統合、可視化を目的とし、企業内に散在するデータ連携、可視化を検証したという。具体的には、同社で利用するSalesforce.comのクラウドサービスからのデータ連携、長期間の可視化期間に対するハンドリングとデータ量に応じた閾値を把握し、Microsoft Azureの機能を組み合わせることで自動化を実現するとしている。

検証の概要

図1:今回の検証範囲
図1:今回の検証範囲
[画像クリックで拡大]

 Azure Synapse AnalyticsがもつETL機能は「Azure Data Factory」に基づいている。Azure Data Factoryでは200を超えるコネクターが手配されており、多岐にわたる対象データへの結合、高速なデータの結合による分析用テーブルの作成およびPower BIによる可視化が実現できたという。

図2:Power BIによる可視化範囲<
図2:Power BIによる可視化範囲<
[画像クリックで拡大]

 今回の検証では、当社内で既に利用している外部サービスのデータをデジタル・トランスフォーメーション基盤に取り込み、可視化・モニタリングすることで、機械学習にも活用可能なデジタル・トランスフォーメーション基盤の構築を目指すとしている。

 また、機械学習基盤としては、Microsoft Azure内で実行可能なAzure Machine Learningデザイナーを利用し、GUIによる予測モデルの構築を目指すという。

【関連記事】
NTTデータ、北米でのデジタル対応力強化に向けNexient買収に合意
NTTデータ、複数業界におけるバイタルデータ活用の有用性検証を開始
NTTデータ、地銀共同センター参加行と店舗のスマート化などを共同検討

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5