SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

rinnaとデジタルヒューマン、AIキャラクターの開発で協業

 rinnaとデジタルヒューマンは、rinnaのAIチャットエンジンと、デジタルヒューマンのAIアバターを統合し、感情的につながるデジタルコミュニケーションが可能なAIキャラクターの開発で協業することを発表した。

リアルAIアバター「デジタルヒューマン」
リアルAIアバター「デジタルヒューマン」
[画像クリックで拡大]

 今回の協業により、rinnaのAIチャットボット開発プラットフォーム製品「Rinna Character Platform」のユーザーインタフェースとして、デジタルヒューマンのAIアバター「デジタルヒューマン」が利用できるようになったという。これにより、自由に会話する能力、顔と表情、音声、視覚、聴覚を備えたAIキャラクターの開発が可能になるとしている。

Rinna Character Platformとデジタルヒューマンを組み合わせたAIキャラクター
Rinna Character Platformとデジタルヒューマンを組み合わせたAIキャラクター
[画像クリックで拡大]

 両社は、Rinna Character Platformとデジタルヒューマンを組み合わせたAIキャラクターの開発で協力。また、Rinna Character Platformとデジタルヒューマンの組み合わせを自社のタスク指向型チャットボット製品に組み込んで顧客に販売するパートナーやAIキャラクターを企画するパートナーの開拓で協力するという。

【関連記事】
rinna、日本語に特化したGPT-2モデルをオープンソースとして公開
アクセンチュアと京都大学、SDGs実現などに向けたAI活用において協業
デロイト トーマツ、AIに関する研究組織を設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14462 2021/05/31 16:54

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング