SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

大正製薬、海外事業の経営基盤にオラクルのSaaSを採用 データドリブンな市場予測を強化

 7月14日、日本オラクルは、大正製薬がデータドリブンな市場予測と戦略的意思決定を目的として、海外グループ14社を対象にした経営管理基盤に「Oracle Fusion Cloud EPM」を採用したことを発表した。今回の採用により、データ収集・分析の標準化、データ品質の向上やセキュリティの強化が実現するという。

 大正製薬は、同サービスを導入することで、業績管理業務におけるデータを一元化し、優先度の高いレポート作成を自動化。各国の市販子ども用風邪薬や、大人用鎮痛剤などの区分で収集した市場規模などを分析するために外部データを取り込み、各国の成長率や市場規模などのレポートを、業績とともに一元管理するとしている。

 また、同サービスの表計算ソフト用インターフェースであるSmart Viewを使用することで、クラウド上にデータを一元管理しながら、表計算ソフトを操作しているようにデータの表示、インポート、操作、配賦、データ共有などを行うことができるという。

【関連記事】
NEC、オラクルのCDPで顧客データの最適化などを推進
オラクル、レッドブル・レーシング・ホンダとデータ分析における連携へ
SMBCグループ、オラクルのクラウドERPで会計システム刷新へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14678 2021/07/14 18:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング