SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

「認定Kubernetesセキュリティスペシャリスト」日本語版が受験可能に

 7月16日、Linux Foundationは、認定試験「認定Kubernetesセキュリティスペシャリスト」の提供を開始した。

 本試験は、Linux FoundationとCloud Native Computing Foundationが共同で提供する、セキュリティスペシャリスト認定試験「Certified Kubernetes Security Specialist」の日本語版。実技試験で構成されており、コンテナベースのアプリケーションとKubernetesプラットフォームのビルド、デプロイ、ランタイム時のセキュリティを確保する実行能力を証明するという。事前に「認定Kubernetes管理者」を取得していることが、受験者に必要な条件だとしている。

 試験の内容は、クラウドネイティブ技術者がセキュリティスキルを証明できるようにデザインされており、以下の領域における知識と能力をテストするという。

  • クラスター設定
  • クラスター強化
  • システム強化
  • マイクロサービスの脆弱性最小化
  • サプライチェーンセキュリティ
  • モニタリング、ロギング、ランタイムセキュリティ

 また、試験はオンラインで実施する実技試験になっているとしている。

【関連記事】
サイバートラスト、最新Linux OSに対応した高可用性クラスタソフトウェアを販売開始
サイバートラスト、最新Linux OSに対応した高可用性クラスタソフトウェアを販売開始
日本IBM、「IBM Watson」活用のアプリケーション開発資格認定で日本語試験を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14693 2021/07/18 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング