EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

MODEのIoTプラットフォームがスマートシティ向け都市OS「FIWARE-ORION」と連携

  2021/07/27 17:00

 IoTソリューションを提供するシリコンバレー発のスタートアップ企業MODEは、スマートシティ向けOSである「FIWARE-ORION」とのデータ連携テストを完了した。

【画像クリックで拡大】
【画像クリックで拡大】

 「FIWARE」は、スマートシティにおけるデータ連携基盤の中核を担うよう設計されたオープンソースウェア。今回MODEでは、同オープンソースウェアの中でコンテクスト情報管理を担う「FIWARE-ORION」とのデータ連携テストをおこなったという。

 今回のテストを通して、「FIWARE」と「MODE IoT Platform」との確実なデータ連携が検証できたことにより、「FIWARE」で構成された都市OSに対してもMODEによるIoTデータ収集機能を提案できるようになったとしている。

 また、リアルデータをクラウドにアップロードする仕組みを持たない企業でも、都市OSでリアルデータの活用が可能だという。

「MODE」の特色

  • パートナー企業のセンサーを多数取り扱い、それらを使ったセンサーデータの取得が可能
  • IoTデータ活用に特化したゲートウェイを使い、堅牢かつスケーラブルなシステム設計を実現
  • 現実世界から取得したデータをクラウドに移し、直接「FIWARE」に連携させることが可能
  • IoT開発にかかる時間とコストを最小化し、短期間で安定したサービスのスタートが可能
  • 「FIWARE SHT(Short Time Historic) COMET」との連携で、長期間のリアルタイムデータ蓄積コンポーネントとして「MODE TimeSerise Database(時系列データベース)」を利用することが可能

【関連記事】
三島市と日本オラクル、スマートシティ実現へ向け協定締結
ラスベガス市とNTTグループ、「スマートシティプロジェクト」導入エリアを拡大
世界スマートシティ関連テクノロジー市場、2018年の全世界の総支出額は800億米ドル――IDC発表

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5