EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

AI inside、賃貸借契約書に対応し不動産業界のDXを後押し

  2021/07/30 07:00

 AI insideは、「DX Suite」のAI-OCR機能を拡充し、新たに「賃貸借契約書」に対応したことを発表した。

 今回の追加搭載により、AI-OCRで契約書情報をデータ化することが可能となり、データ入力の自動化を図ることができるという。また今後、不動産業界の電子化が進むことで、デジタルで交わされた契約と紙書類で交わされた契約の2通りの業務が発生した際に、1つのワークフローで管理する「Digital Input」を同社が提供。入力媒体に左右されないシームレスな業務フローの実現を目指すとしている。

賃貸借契約書デジタル化の具体例

 不動産売買仲介業におけるレントロール(不動産賃貸借条件の一覧表)を作成する際、一般的には契約書を目視して手入力で作成。特に、集合住宅など戸数が多い物件を取り扱う場合には、戸数に比例し入力量も多くなり煩雑な作業になっていたという。AI-OCR「DX Suite」では、賃貸借契約書を読み取りRPAと連携させることで、レントロールも迅速に自動作成することができるとしている。

 今後は、ユーザー自身が帳票上で抽出したいキー・バリューを設定できる項目抽出や、文書や画像に記載されている文字をすべてテキストデータに変換する全文読取の搭載も予定。さらなる機能拡充によってドキュメント・インテリジェンス(文書管理の最適化)を実現するという。

【関連記事】
AI inside、「SAP SuccessFactors」との連携で人事業務の効率化を目指す
AI inside、京都府立医科大学とAIシステムの共同研究を開始
横浜市、AI insideのAI-OCR導入で受付簿作成業務を軽減

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5