EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

トムソン・ロイター、オラクル「OCI」導入で税務アプリケーション開発を加速

  2021/07/30 18:00

 米現地時間7月20日、オラクルは、トムソン・ロイターが「Oracle Cloud Infrastructure(以下、OCI)」を導入し、世界中の顧客向けに同社の間接税ソフトウェア・サービスの提供を開始したと発表した。

 また、トムソン・ロイターは、「Oracle Autonomous Database」上にアプリケーションを構築し、クラウドファーストのソリューションにより、プロセスの簡素化とパフォーマンスの向上を図る予定だという。

 具体的には、トムソン・ロイターが提供する税額計算サービス「ONESOURCE Indirect Tax Determination」において「OCI」を採用し、同社のクラウドベースのソリューションを拡大。単純な取引から複雑な取引に至るまで、世界中のクライアントに対し、取引税への取り組みを支援するとしている。

 また、トムソン・ロイターは、「Oracle Cloud Lift Services」プログラムを利用し、「Oracle Cloud」のエンジニアと緊密に連携。追加費用なくハンズオンの専門知識、技術ツール、クラウド・エンジニアリング・リソースの提供を受け、クラウドネイティブな税務アプリケーションの開発を加速させたという。

 今後、両社はONESOURCEをはじめとする、クラウドネイティブ・ソリューションを共同で販売するとしている。

【関連記事】
日本オラクル、「Oracle Advertising and CX」にサブスクリプション管理機能追加
大正製薬、海外事業の経営基盤にオラクルのSaaSを採用 データドリブンな市場予測を強化
三島市と日本オラクル、スマートシティ実現へ向け協定締結

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5