SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本IBM、10年間にわたる量子コンピューティング実装の道程を示す

 9月21日、日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)は、「The Quantum Decade 日本語版」の公開にともなう記者説明会を開催した。

 本レポートは、どのようにして量子コンピューティング技術をビジネスへとつなげていくのかをメインに、グローバルで先行して英語版として発行されていたものを日本語に翻訳、公開したものだという。同戦略コンサルティング アソシエイト・パートナー 兼 Quantum Industry & Technical Service Japan Leadを務める西林泰如氏は、「極めて重要なのは、量子コンピューティング技術を捉えていくこと、そして現在地を適切に認識することです。本レポートでは、同技術を活用した際のビジネス価値、優位性を追求していくための道筋をガイドするような構成になっており、様々な業界、金融や医療、ヘルスケア、航空など業界毎の具体的な内容も示しています」と説明する。

日本IBM 戦略コンサルティング アソシエイト・パートナー 兼 Quantum Industry & Technical Service Japan Lead 西林泰如氏
日本IBM 戦略コンサルティング アソシエイト・パートナー 兼
Quantum Industry & Technical Service Japan Lead 西林泰如氏

 本説明会の冒頭では、今後10年間を見通したときに、現在ターニングポイントに位置していると同氏は指摘。量子コンピューティング技術を活用した優位性(クオンタムアドバンテージ)を構築するためには、将来に対する備えとして産官学が一体となり準備を進めていくことが必要だとした。そのためには、量子コンピューティング単体ではなく既存技術やシステムと組み合わせること、とりわけ下記3つの要素が相互補完するような三位一体となった状態で推進することで、革新的な未来が実現できるとしている。

[画像クリックで拡大]

 また、実際にビジネスや社会における複雑な問題に対して解決策を導き出していくことを見据えたとき、今後10年間で「指数関数的に難解になる問題」「量子コンピューティング技術のパラダイムシフト」「量子エコシステム」といった下記3要素が重要になるという。

[画像クリックで拡大]

 西林氏は、「今から量子コンピューティングに投資することで、複利のような形で莫大な効果が指数関数的にもたらされ、業界の構造やビジネスモデルに転換をもたらす時代がくるのではないかと考えています。優位性を発揮するためには、既存システムを量子コンピューティングに置き換えるという考えではなく、シナジーを重視した活用こそが、より早期に効果を発揮するためには重要な観点になります」と述べる。

[画像クリックで拡大]

 さらに同社では、量子コンピューティング活用を推進するためのサービス・ビジネス開発部門「Quantum Industry & Technical Services(以下、QI&TS)」において、量子コンピューティング活用のための新たなオファリングや、先端技術活用のためのコンサルティング・サービスなどを提供することも発表した。

日本IBM 戦略コンサルティング シニア・マネージング・コンサルタント 兼 IBM Quantum Industry & Technical Services Japan Subleader 橋本光弘氏

日本IBM 戦略コンサルティング シニア・マネージング・コンサルタント 兼
IBM Quantum Industry & Technical Services Japan Subleader 橋本光弘氏

 同戦略コンサルティング シニア・マネージング・コンサルタント 兼 IBM Quantum Industry & Technical Services Japan Subleaderの橋本光弘氏は、「量子コンピューティング技術は、一部の研究者やアカデミアなどで取り上げられてきましたが、同技術を活用した優位性、ビジネス価値を考えることが重要になってきています。QI&TSでは、ワンチームとして戦略策定から各種トレーニング、ユースケースの共同開発などを提供することが可能です」と述べた。

[画像クリックで拡大]

【関連記事】
東京大学とIBM、日本初のゲート型商用量子コンピューターをKBICで稼働開始
東京大学とIBM、量子コンピューター・ハードウェア・テストセンターを開設
日本IBM、量子コンピューターを新川崎に設置へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

岡本 拓也(編集部)(オカモト タクヤ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14980 2021/09/22 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング