SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

primeNumberと明光ネットワークジャパン、データドリブン変革に向けた取り組みを紹介

 primeNumberは、11月25日に開催される翔泳社主催のオンラインイベント「data tech 2021」に協賛。同社の支援企業で個別指導塾「明光義塾」を運営し、学習塾業界を牽引する明光ネットワークジャパンのDXプラットフォームについて紹介するという。

 経済産業省はデータ活用のために既存システムの課題を解決し、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進しなければ、2025年以降、国内全体で最大12兆円/年の経済損失が生じる可能性(2025年の崖)を2018年に警告。にもかかわらず9割以上の企業がDXにまったく取り組めていないレベルか、散発的な実施に留まっている状況であることを2020年に明らかにしているという。また、新型コロナウイルスの影響により、社内のITインフラを迅速かつ柔軟に変更して環境変化に対応できた企業と、対応できなかった企業の差が拡大しているとも述べられている。

 このような状況下で「明光義塾」を運営する明光ネットワークジャパンは、ITツールを活用したオンライン授業の提供やマーケティングオートメーション(MA)ツール・顧客管理(CRM)ツール導入に取り組み、着実にDXを推進。primeNumberのデータ統合自動化サービス「trocco」を活用し、全社横断的にデータを活用できるDXプラットフォームを構築すべく奮闘しているという。

 今回「data tech 2021」において、primeNumberと明光ネットワークジャパンが共同でDXプラットフォーム構築の取り組みを紹介。DXを推進し、全社横断的なデータ活用を行いたいと考えている企業の参考にしてほしいとしている。

【関連記事】
primeNumberとソフトブレーン、パートナーシップ締結でデータ活用を後押し
【開催間近】オラクルが“データに関わるすべての人”に伝えたい「データ基盤の在るべき姿」を語る
【締切迫る】明光義塾が明かす「データドリブン変革」に向けた奮闘と挑戦

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15206 2021/11/11 12:39

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング