EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本マイクロソフトとローソン、AIやデータを活用した店舗DXで協業

  2021/12/02 18:35

 日本マイクロソフトとローソンは、個店の状況に合わせた売場を実現するため、店舗のデジタルトランスフォーメーションの取り組みにおいて協業することに合意。2021年11月から2022年3月の期間にて、神奈川県内の4店舗で、カメラや音声データと店舗運営支援を図るAI(以下、店舗運営支援 AI)を活用した実験を開始した。

 今回の実験では、新たに設置したカメラやマイクで取得したデータ(売場の通過人数や来店客の滞留時間、棚の接触時間、商品の購入率など)を個人が特定されない形で可視化し、POSの売上データなどと合わせて分析。分析したデータを参考に棚割や販促物掲出など各店舗の状況にあわせた売場に改善し、買いやすい売場の実現と店舗の利益向上を図っていくという。

店内に設置しているカメラ
店内に設置しているカメラ

 なお、データの分析は、Microsoft Azure上に構築した「店舗運営支援 AI」で実施。両社は、本取組みでの効果を検証し「店舗運営支援 AI」の全国のローソン店舗への拡大を目指すとしている。

【関連記事】
キンドリル、マイクロソフトとの戦略的パートナーシップを発表 ソリューションを共同で構築し市場へ投入
電通デジタル、LINEや日本マイクロソフトらが発足させた小売業界のDX支援プロジェクトに参画
セガ、大型タイトル開発へのAzure活用などマイクロソフトとの戦略的提携を検討

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5