SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

小売業向けにAIを使った品揃え最適化システムを開発 スギ薬局で実用

 AIを活用したサービスによる社会課題解決に取り組む「エクサウィザーズ」は、スギ薬局と共同で小売業に向けた「品揃え最適化AI」を開発。同社が運営するドラッグストア「スギ薬局」で運用を開始したと発表した。

 「品揃え最適化AI」は数理最適化技術を応用。膨大な商品数から売上効率を上げる商品の組み合わせを自動算出する「品揃えパターン生成機能」と、過去の購買情報をもとにカットしても売上に影響しづらい商品を決定する「代替可能性分析機能」の2つの機能をもつという。

 スギ薬局では導入前に、全国約1,450店舗の利用客の購買行動や地域特性を踏まえたシミュレーションを実施。多くの商品カテゴリーと数百におよぶ商品種別から人手で品揃えパターンを作成していた業務をAIで標準化することで、売上増加が期待できることがわかったという。今後はスギ薬局全店舗に導入予定だとしている。

 エクサウィザーズは今後も「品揃え最適化AI」を通して、小売業における最適な品揃えの追及および売場生産性の向上を実現していくという。

品揃え最適化AIシステム概要

機能1:品揃えパターン生成

 数理最適化技術を用いて、対象商品リストや売上情報などをもとに、売上効率を上げる商品の組み合わせを自動で算出する。ドラッグストアをはじめ、小売店で取り扱う多種多様な商品カテゴリーに対応しているという。

機能2:代替可能性分析

 対象商品の過去の購買傾向をAIが解析。類似商品を特定するとともに、ある商品に対して別の商品を購入する可能性を算出。それによって、カットしても売上が減少しづらい商品構成を実現し、売れ行きが高い商品を増やすなど、売場効率を高められるとしている。

【関連記事】
電通デジタル、LINEや日本マイクロソフトらが発足させた小売業界のDX支援プロジェクトに参画
三越伊勢丹システム・ソリューションズ、DX事業に着手 内製システムを社外活用へ
ソニーの予測分析ツールを活用したハンズオンサービス AI人材育成へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15417 2022/01/05 17:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング