SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

世界で前年比50%増のサイバー攻撃 チェック・ポイントがセキュリティレポートを公開

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(チェック・ポイント)は3月17日、2021年におけるサイバーセキュリティの主要な動向をまとめた2022年セキュリティレポートの日本語版を公開した。

 同レポートによれば、2021年は世界で1週間に受けるサイバー攻撃が前年比50%増だったという。

 最も狙われた業種としては、教育・研究部門が週次で1,605件(前年比75%増)、次いで政府関係が1,136件(前年比47%増)、そして通信の1,079件(前年比51%増)となっている。ソフトウェアベンダーへの攻撃は前年比146%増となり、過去最大の伸びとなった。

 Emotetの活動については、撲滅寸前の2021年1月に見られた活動量の少なくとも、50%に達したことを同社が確認したとのこと。この増加傾向は2021年12月いっぱいまで続いたという。同社によれば、Emotetが壊滅するまではこの傾向が続くと予想している。

 他にも同社のマヤ・ホロウィッツ氏によれば、2021年に世界中の政府や法執行機関が、特にランサムウェアグループに対してより厳しい姿勢を取ることを決議したことで、同グループの活動に動揺が広がったことを確認したという。

 そのため、事後対応や改善策へ依存するのではなく、リアルタイムでの脅威インテリジェンスをもつこと、効果的で連携した方法で動員可能なセキュリティインフラを持つことを促している

【関連記事】
2021年度のサイバーセキュリティ動向 キヤノンマーケティングジャパンが発表
Log4j脆弱性による被害は今後も継続 NTTデータがセキュリティ動向四半期レポートを公開
猛威を奮ったEmotet再び セキュリティ連盟、サイバー攻撃の急増に注意喚起

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15724 2022/03/17 18:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング