SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ソフトバンク、Sandbox AQと耐量子計算機暗号の実用化に向け提携

 ソフトバンクは、米Sandbox AQと日本での共同実証実験に関するパートナーシップ契約を締結した。両社は耐量子計算機暗号(以下、PQC:Post Quantum Cryptography)を使用したVPNなどの実用化を目指すという。

 現在は、公開鍵暗号(RSA暗号や楕円曲線暗号)などを用いて通信内容を秘匿しているが、今後、量子コンピュータによって瞬時に解読される可能性があるという。PQCは、秘匿だけでなく認証(デジタル署名)にも適用でき、ソフトウェアで実装できるため、インターネットとの親和性が高い。スマートフォンやタブレットなど、既存の通信デバイス上での利用が想定されているという。

耐量子計算機暗号システム構成イメージ
耐量子計算機暗号システム構成イメージ

 ソフトバンクは同契約により、米国国立標準技術研究所(以下、NIST)が推進する「耐量子計算機暗号標準化プロジェクト」でラウンド3の最終候補と代替候補に選定されたPQCアルゴリズムを使用した検証が行える。同社は、2022年夏までに、5G、4G、Wi-Fiなどの様々なネットワーク上でPQCアルゴリズムを動作させ、ネットワーク、マシン、ユーザーそれぞれの観点から性能を評価・検証していくとしている。

 なお、NISTはPQCとして採用する暗号アルゴリズムを2024年に決定するという。

【関連記事】
IBM Cloudに耐量子暗号サービスなど新機能を追加 未来の脅威に備える
東芝アメリカ、JPモルガン・チェースらと金融アプリで量子暗号通信の実用性を確認 米国初
野村HDと野村證券、NICT、東芝、NECの5者が量子暗号技術を用いた検証実験に成功

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15765 2022/03/25 18:55

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング