EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

企業存続にデジタル変革が重要と考える中小企業はわずか4割未満 SAPがレポートを公表

  2022/05/13 17:45

 SAPジャパンは、従業員の定着率向上とデジタル変革の関係性に関する調査レポート「変革に必要な人材の確保」を発表した。

 本調査では、日本を含むアジア太平洋地域の8ヵ国1,363人の中小企業経営者と意思決定者を対象に行われた。

 調査によれば、日本の中小企業の86%が従業員の変動(退職など)が自社のデジタル変革計画に直接影響を及ぼしていると回答。

 もっとも、アジア太平洋地域全体では中小企業の74%が企業の存続にとってデジタル変革が「ある程度重要」または「非常に重要」だと回答しているのに対し、日本の中小企業は、わずか36%にとどまった。

 なおアジア太平洋地域全体では、中小企業の40% が1年前と比較して、退職する従業員が増えていると回答する一方、日本の中小企業はわずか17%だとしている。

 しかし日本の中小企業の43%が1年前と比較して、後任者の採用や補充が難しくなったという。さらに、31%が採用時に適任者がほとんど、あるいはまったく見つからないと回答している。

【関連記事】
SAPが掲げる「デジタルサプライチェーン」、高まるビジネスネットワークの価値
豊田通商が「SAP SuccessFactors」を採用 「適所適材・適材適所」進める
S/4HANA、売上78%の大幅増 SAPが22年度第1四半期の業績を発表

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5