SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

エッジAIで製品不良を検知 LeapMindが新ディープラーニングモデルを発表

 LeapMindは5月25日、超低消費電力AI推論アクセラレータIP「エフィシエラ」の技術を用いた新たなディープラーニングモデル「Efficiera 異常検知モデル」を開発し、6月から提供開始することを発表した。

 同社によると、今回開発した「Efficiera 異常検知モデル」は、独自の技術「極小量子化技術」などを活かすことで、現場での実用に即した高セキュリティかつ運用しやすいAI外観検査を実現するとしている。

 学習と推論がともにFPGA搭載小型エッジデバイス上で完結することに加え、学習が正常データのみで完了する二つの特徴によって、様々な利点を持たせたという。

 たとえばクラウドAIを利用する場合と比べて、検査対象の画像をデバイス外に出す必要がないため、社外送信時に懸念される情報漏えいのリスクを低減するほか、広帯域ネットワークやクラウドサービス利用料の削減にも貢献する。

 さらに学習は数十枚の正常データのみを使って数秒で完了し、多量の不良品データが不要となるほか、正常データのみで学習できるためアノテーション作業が不要となった。また、学習した不良しか検知できないというリスクを下げ、想定外の異常も検知することが可能となっている。

 再学習時の動作も簡便で、AIが異常と判定した箇所をヒートマップで視覚化するため、多品種少量生産ラインでもAIエンジニアのサポートを受けることなく現場で簡単に調整できるという。

 学習結果は数MBのデータに保存して後から推論に利用できるため、誤った学習のやり直しも容易だ。

 同社は今回の新モデルによって、IT人材の確保が困難な企業や、広帯域ネットワークを利用できない地方に製造拠点を持つ企業においてもスムーズなAI実用化を叶え、製造業のDXを後押しするとしている。

銀行における資金需要の予測にAI活用 NTTデータが常陽銀行で検証開始と発表
NEC、数十億円規模の投資でAIスーパーコンピューターを構築へ 23年稼働予定
日本IBM、国内向けのセキュリティサービスを発表 AI搭載のEDRソリューションなど4つ

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16039 2022/05/25 15:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング