SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NTTデータ、液体中でサーバーなどのICT機器を直接冷却 必要エネルギーを最大97%削減

 NTTデータは6月6日、液浸冷却方式を採用したデータセンター冷却システム(以下:液浸冷却システム)を構築したと発表した。

 2022年3月~4月にかけて液浸冷却システムの実機検証を実施したところ、データセンターの冷却に使用するエネルギーを従来型と比較して最大97%削減できたという。

 また同時に、サーバ機器・NW類の安定稼働を確認したほか、メンテナンスを含めた、機器運用に関する実用面の課題抽出を完了したとしている。

 液浸冷却方式とは、サーバーなどのICT機器を特殊な液体の中で直接冷却する方式であり、従来の空気での冷却と比べエネルギー効率の高い次世代の方式として注目されているものだ。

 具体的には、IT機器を絶縁性のある液体(フッ素系不活性液体やシリコンオイルなど)に浸すことで、効率的な冷却を図る。

 本検証では、最も冷却効果が高いと言われる、液体の沸騰による気化熱を冷却に活用する「二相式」を採用。これにより、高発熱サーバーを密に配置できるため、空気を用いる従来の方式と比較して省スペース化が可能となることや、一定の温度かつ密閉された環境で運用できることで故障率が低下すると言われている。

 今後は液浸冷却システムの積極的な活用に向けて、自社データセンター内において液浸専用マシン室の構築を目標とするほか、2023年度中に社内システムへの導入を通して早期のサービスモデル実現を図っていくとのことだ。

【関連記事】
NTTデータが北米子会社を通じて「Postlight」を買収 デジタル対応力を補完
銀行における資金需要の予測にAI活用 NTTデータが常陽銀行で検証開始と発表
NTTグループのグローバル事業をNTTデータ傘下に統合へ 海外での迅速な対応を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16109 2022/06/07 14:05

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング