SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

旭食品、日立の需要予測型自動発注サービスを活用 熟練者の4時間業務を30分に削減

 旭食品は、日立製作所(以下、日立)の「Hitachi Digital Solution for Retail/需要予測型自動発注サービス」を活用して、発注業務における需要予測と、適正在庫量を勘案して発注推奨値を算出・提示するシステムの稼働を開始した。

旭食品が導入した需要予測型自動発注システムの概念図
旭食品が導入した需要予測型自動発注システムの概念図

 旭食品ではコンビニエンスストアへ商品を出荷する国内35ヵ所の物流拠点において、600アイテムに関する発注・在庫管理業務を行っている。従来、これらの業務に複数の熟練担当者が1人1日あたり約4時間を費やしていたという。こうした中、同社はデジタル技術を活用した業務改革に取り組むべく、2018年から日立と発注・在庫管理の業務効率化に関する協創を開始。

 システムの導入効果として、従来の発注内容を判断する調査やチェックなどの業務を約30分に削減できたほか、欠品を約4割、返品を最大約3割低減できたという。

  今後両社は、旭食品の業務効率化や働き方改革、食品ロスの削減を推進するとともに、さらなるデータを活用した持続的な成長を目指すとしている。

需要予測型自動発注システムの特長

  • 需要予測と在庫管理を連携させてデータを統合することにより、需要・在庫状況に即し、欠品・返品によるロスを抑え利益最大化となる発注量を自動計算することが可能
  • 各拠点でアイテムごとの発注推奨値がシステムから勧告されるため、人が行う作業は発注量の確認と決定のみ
  • これまで各個人が外部Webサイトから手作業でダウンロードしていた得意先公開の受注速報値や気象データ(天候・気温)などのデータ収集作業は、Webクローリング技術により自動化
  • サブスクリプション型で拠点数に基づいた料金で利用可能

【関連記事】
デジタル通貨で流通サプライチェーンの決済を一気通貫 日立も参加し効果検証へ
日立システムズが越谷市と事業協定を締結 自治体におけるDX人材育成を担う
日立ヴァンタラ、今後6年間BMWグループのデータ管理の戦略的パートナーに選出

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16124 2022/06/09 18:05

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング