SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

スノーフレイク、セキュリティワークロードを提供開始 起きがちなデータサイロ化を保持コスト無しで解消へ

 スノーフレイクは、新たなサイバーセキュリティワークロードの提供を開始したことを発表した。

 このワークロードにより、「Snowflake」のプラットフォームのパワーと伸縮性を生かし、構造化ログ、半構造化ログ、非構造化ログをネイティブに処理できるようになるという。

 ユーザーは何年にもわたる大量のデータを効率的に保管し、スケーラブルなオンデマンドのコンピューティングリソースを利用して検索を行い、SQLやPythonなどの汎用言語を用いてインサイトを獲得できるという。

 さらに、「Snowflake」を用いてセキュリティデータとエンタープライズデータはシングル・ソース・オブ・トゥルース(信頼できる唯一の情報源)に一元化される。これにより、HRシステムやIT資産管理から取得したコンテキストデータを検知や調査に利用し、アラートの忠実度を高めたり、大量のデータに対して高速でクエリを実行可能になる。

 またセキュリティチームは、セキュリティ体制を総合的に可視化し、膨大なデータ取得コストやデータ保持コストを負担なく、データサイロの解消の実現ができるとのことだ。

【関連記事】
企業のデータ活用による意思決定はわずか4割 スノーフレイクが調査結果を発表
スノーフレイク、今年度の目標に日本国内の支援体制拡充を掲げる
中外製薬がクラウド基盤にSnowflakeを導入 データ環境整備でイノベーション加速を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16130 2022/06/10 13:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング