SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ドーモとウェザーニューズ、気象データと連携可能なコネクターを提供開始 1km四方の気象情報が取得可能

 ドーモは、企業のビジネスと天候の関係を可視化するべく、ウェザーニューズの天気予報との連携が可能なコネクターを開発・提供を開始したと発表した。

 本サービスでは、ウェザーニューズが気象データ提供・分析サービス「WxTech(ウェザーテック)」で提供している、1kmメッシュ(1km四方)の高解像度の気象データを活用する。

 ウェザーニューズの気象データとの連携が可能なコネクターにより、「Domo」を導入している企業は天気、気温、降水量、気圧、風速、相対湿度など、指定した場所の1km四方のピンポイントな気象情報を取得できるようになるという。短期予報は72時間先までの1時間おきの天気予報、中期予報は10日先までの 1 日ごとの天気予報が含まれ、過去の気象データも1kmメッシュのピンポイントな情報を取得可能とのこと。

 さらに、あらかじめ指定した緯度・経度の気象情報を取得できるため、全国に店舗を展開している企業では、店舗ごとに詳細な気象データとビジネスデータと組み合わせて、新たな分析が行えるようになるという。

 具体的な例としては、過去の店舗周辺の気象データと各店舗の売上実績データを紐づけると、今年の売上予測を立てることが可能になるとのこと。特に生鮮食品を取り扱っている店舗で、日々の仕入れ情報や来店者の予測に本コネクターを活用し最適な仕入れ数を導くことで、社会問題になっている“食品ロス”削減の効果も期待できるとしている。

【関連記事】
ウェザーニューズ、紙と電子の契約業務をクラウドで一元管理 Sansanの​システムを導入へ
ウェザーニューズの社内外“両輪のDX”を支えるデータ基盤 国内初の取り組みにSnowflakeと挑む
「ドーモがSansanと連携」双方のデータ活用で顧客事業の高度化と効率化を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16215 2022/06/24 20:10

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング