SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine イベント一覧

2024年3月「Security Online Day 2024 春の陣」開催予定

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Rubrik、日本国内で「ランサムウェア復旧保証サービス」開始 最大約500万USドルを提供へ

 Rubrikは、ランサムウェア復旧保証サービスの日本国内での提供開始を発表した。

 同保証サービスは、「Rubrik Enterprise Edition」およびMicrosoft Azure上に構築された「Rubrik Cloud Vault」の利用ユーザーが、ランサムウェア攻撃を受け、セキュリティ保護の対象となっていたデータを復旧不能な場合に、復旧関連費用としてRubrikが最大500万USドルを提供するものだという。

 同カントリーマネージャーの石井晃一氏は、「業界を問わずあらゆる企業にランサムウェアの脅威が及んでいます。米国のサイバーセキュリティ専門調査会社であるCybersecurity Venturesによると11秒に1回世界のどこかでランサムウェア攻撃が発生しており、要求金額も急増し続けています。また日々新たな攻撃手口が出現する中、ランサムウェアの攻撃後の復旧はすべての企業に共通する課題です。さらに攻撃されれば、ビジネス全体にダメージが及ぶことになるため、攻撃されることを想定したデータセキュリティが求められています。Rubrik Enterprise EditionおよびRubrik Cloud Vaultと、今回の保証サービスを組み合わせることで、企業はデータセキュリティとレジリエンシーを高めると同時にビジネスを継続させることができます」と述べている。

【関連記事】
Rubrik、「Rubrik Security Cloud」発表 データ観点からのセキュリティを強化
ルーブリック、クラウド・データ・マネジメント・プラットフォーム「Andes 5.0」最新版で日本語UIを提供開始
ネットワールド、ハイパーコンバージド型データ統合管理ソリューション「Rubrik r300シリーズ」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16360 2022/07/22 15:45

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月「Security Online Day 2024 春の陣」開催予定

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング