SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NECソリューションイノベータ、クラウド環境のコスト最適化を実現するソリューションを提供開始

 NECソリューションイノベータは、クラウド環境のコスト削減を支援する「NEC クラウドコスト最適化ソリューション」を、10月12日より提供開始する。

「NEC クラウドコスト最適化ソリューション」全体像
「NEC クラウドコスト最適化ソリューション」全体像

 同ソリューションでは、単一のプラットフォームで複数のクラウドを管理・運用するSaaS型サービス「CloudNatix」を活用。3つのプロセスで、顧客のマルチクラウドやハイブリッドクラウドにまたがるクラウド環境のコスト最適化を支援するという。

 ソリューションの特徴は以下のとおり。

クラウドコスト削減に必要な情報が可視化できる「CloudNatix」の活用

パブリッククラウドのコンピューティングリソースを1つの管理画面で可視化

 CloudNatixを用いて、マルチクラウドやハイブリッドクラウドを単一のプラットフォームで一括管理・運用。クラウド単位、組織単位でコンピューティングリソースの利用状況を可視化し、運用担当者の業務負荷軽減につなげられるという。

CloudNatixによる利用状況を可視化<br/>[画像クリックで拡大表示]
CloudNatixによる利用状況を可視化
[画像クリックで拡大表示]
クラウドコスト最適化を提案

 各クラウド環境のコンピューティングリソースの利用状況をCloudNatixのAIを利用して最適なコンピューティングリソースとのギャップを分析し、削減効果の大きい順に表示。利用料削減に向けた検討の効率化を支援するとしている。

CloudNatixによるクラウドコスト最適化提案イメージ<br/>[画像クリックで拡大表示]
CloudNatixによるクラウドコスト最適化提案イメージ
[画像クリックで拡大表示]

NECソリューションイノベータの知見を活かした最適化支援

クラウドコスト最適化に精通した技術者が導入から最適化実践までトータルでサポート

 CloudNatixが提案する最適化の内容およびコンピューティングリソースの未使用時間帯の情報をもとに、最大想定削減額を算定し、コンピューティングリソースの適切な稼働時間帯を提案。また、Kubernetes環境でのアプリケーションの可用性を維持しつつ、人手を必要としない動的なコスト最適化の仕組みを適用することが可能だという。

費用対効果を事前に検証するためのトライアル導入が無償で可能

 同ソリューションの費用対効果を検証するためのトライアルを無償で提供。利用しているクラウドベンダーや規模などをヒアリングし、クラウドコスト最適化に向けたコスト削減額や運用効率などの目標値を成功基準として策定するという。CloudNatixを部分的に導入し、削減効果が成功基準を満たしたかどうかを確認した上で、同ソリューションの本格導入を検討できるとしている。

 なお、NECソリューションイノベータは、今後3年間で約100社への提供を目指すという。

【関連記事】
HashiCorp、クラウド管理などをサポートする「Terraform」の機能強化を発表
UiPathとMicrosoft、クラウドサービス統合と自動化による生産性向上の支援に向け協業を発表
日立、組合せを最適化する量子コンピュータ「CMOSアニーリング」のクラウドサービスを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16768 2022/10/12 15:20

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング