SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Elastic、3年ぶり対面イベントで「オブザーバビリティ」「セキュリティ」などの強化に言及

 11月30日、Elasticはウェスティンホテル東京で年次イベント「ElasticON Tokyo」を開催した。

 冒頭にElasticsearch 日本法人代表の山賀裕二氏が「2019年を最後に対面イベントは控えてきており、3年ぶりにこの日を迎えることができました。この10年でさまざまなシーンにおいてElasticが活用されるようになり、オブザーバビリティやセキュリティも含めて支援できるようになるなど大きな進化を遂げています。まさにDXの次のステップに貢献できるものと確信しており、新たなビジネス価値を生むことが期待されています」と挨拶をすると基調講演へと水を向けた。

Elasticsearch日本法人代表 山賀裕二氏
Elasticsearch 日本法人代表 山賀裕二氏

 「Illuminate Your Possibility(データ活用で可能性を最大化する)」と題された基調講演では、Elastic エンタープライズ サーチ ソリューションのGMであるMatt Riley氏が登壇。「10周年を迎えるにあたり、これまでの取り組みを振り返ってみましょう」と説明を始めると、同社のこれまでの歩みやオブザーバビリティ、セキュリティ、検索の分野におけるイノベーション、『Elastic Search Platform』について紹介をした。

 同社における最初の5年間は、Elasticsearch、Logstash、Kibanaによる『ELK Stack』の構築に時間をかけたとし、Found(サービスはElastic Cloudが継承)やPacketbeat、Prelert(現Elastic Machine Learning)の買収を重ねるなどソリューション構築に注力。『Uber』をはじめ、さまざまなアプリケーションがELK Stackによって構築されてきたと振り返る。また、ユーザーコミュニティとの連携も深めており、今後も協力していきながら次世代アプリケーションを支援していきたいとした。

 Matt氏は「なぜElasticが選ばれているのか、理由のひとつとして『非構造化データ』において優れている点が挙げられます」と説明を続ける。Ingest機能によって構造化/非構造化データを問わず、簡単にプラットフォームにデータを取り込むことができるだけでなく、『Elastic Observability』『Elastic Security』『Elastic Enterprise Search』をスグに(Out-Of-The-Boxで)使えるように工夫しているという。垂直統合された各ソリューションを、アプリケーションごとのニーズにあわせてカスタマイズできることが『Elastic Search Platform』の特徴だとした。

Elastic エンタープライズ サーチ ソリューション GM Matt Riley氏
Elastic エンタープライズ サーチ ソリューション GM Matt Riley氏

 「環境が複雑化している中で『Elastic Observability』『Elastic Security』を活用しながら、単一のプラットフォームで“全体的”な視点から課題解決に取り組むことができるでしょう。データの問題はすべてElasticが解決していきます」(Matt氏)

 現在のElasticではバージョン8が提供されており、AIOpsや機械学習によるオブザーバビリティの自動化、検知だけでなく予防に重点を置いたセキュリティ対策、ベクトル検索機能の強化や自然言語処理モデルへのネイティブサポートなどを提供。これらの分野に投資を加速していき、将来的にはより高度なAIOpsの実現、統合プラットフォームとしての進化を目指すとした。

【関連記事】
Elastic、日本法人の体制強化へ オブザーバビリティやセキュリティでの活用を促す
コロナ禍で影響力増大【Elastic ITリーダーの役割に関する調査】
Dell EMC、エンタープライズ向けオブジェクトストレージ「Dell EMC ECS」最新バージョンを発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

岡本 拓也(編集部)(オカモト タクヤ)

メディア部門 メディア編集部 EnterpriseZine編集を担当

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17042 2022/11/30 16:52

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング