SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

トランスコスモスが「RISE with SAP」を採用 米国、マレーシア、中国の海外子会社に導入

 SAPジャパンは、トランスコスモスが、SAPのクラウドERP「SAP S/4HANA Cloud」を中核とするクラウドオファリング「RISE with SAP」を採用したと発表した。

 トランスコスモスの海外関係会社では従来、それぞれ異なる会計システムを利用しており連携が難しかったという。そこで、グローバルのディファクトスタンダードであるSAPのクラウドERPを検討し、海外子会社で導入されることが決定した。最初の段階では、SAP S/4HANA Cloud, Public Editionを、米国、マレーシア、中国の3地域の海外子会社に導入。近い将来に同社グループ内で横展開していく予定だという。

 新システムの導入により、決算数値の手作業による補正や、やり直しコストの削減が見込めるほか、不正や法対応不備の事前防止などのガバナンス強化が可能になるとしている。同社は、新システムの利用により、財務会計と管理会計の一致を前提とした正確かつ緻密な数字をもとに、迅速な意思決定が実現できると期待しているという。

【関連記事】
UBE三菱セメントが「RISE with SAP」稼働開始 基本方針はFit to Standard
LIXIL、グローバル人事戦略の推進のため「SAP SuccessFactors」を採用
SAPジャパン、支出管理ソリューション「Ariba」「Fieldglass」「Concur」に新機能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17085 2022/12/08 15:10

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング