SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

インボイス対応中は41.0%に上昇 ウイングアーク1stがインボイス制度に向けた対策調査結果を発表

 ウイングアーク1stは、100億円以上の売上の企業に所属する請求書関連業務に携わる会社員500名を対象に、「インボイス制度に向けた企業間取引の電子化に関する対策調査」を実施し、その結果を発表した。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

インボイス制度への対応に向け「具体的に動いている」企業は41.0%

 「Q1.インボイス制度への対応状況を教えてください。」(n=500)と質問したところ、「対応に向けて、すでに具体的に動いている」が41.0%、「対応方法を検討している」が24.2%という回答になった。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

約4社に1社が「Peppol」を用いた商取引に対応予定

 「Q2.Peppolを用いた商取引に対応する予定ですか。」(n=500)と質問したところ、「対応する予定である」が24.6%、「検討中」が20.0%と回答している。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

「適格請求書発行事業者」の登録申請に向け「具体的に動いている」企業は35.6%

 「Q3.「適格請求書発行事業者」の登録申請状況を教えてください。」(n=500)と質問したところ、「登録申請に向けて、すでに具体的に動いている」が35.6%、「登録申請を検討している」が15.4%という回答となっている。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

インボイス制度適用後の経理業務に関して、61.5%が「運用シミュレーション」を実施

 「Q4.インボイス制度が適用される2023年10月以降の経理業務に関して運用シミュレーションや試算をしたことがありますか。」(n=205)と質問したところ、「すでに行っている」が61.5%、「行っていない」が15.6%という回答となった。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

インボイス制度への対応について、約6割が「情報システム部門」と連携

 「Q5.インボイス制度への対応について情報システム部門(社内外含)と連携して取り組んでいますか。」(n=205)と質問したところ、「すでに連携している」が58.0%、「まだ連携していないが取り組む予定」が25.9%と回答している。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

情報システム部門との連携における課題、「部門横断の業務プロセスの再設計」が57.6%で最多

 Q5で「すでに連携している」「まだ連携していないが取り組む予定」と回答した対象者に、「Q6.情報システム部門と連携するにあたり課題感を持っていますか。その場合、該当するものを選択ください。(複数回答)」(n=172)と質問したところ、「部門横断の業務プロセスの再設計」が57.6%、「ITスキル人材の不足」が43.0%、「DX推進体制の構築」が39.0%という回答となった。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

部門横断の業務プロセスに関する再設計の例、「業務フローの見直し」や「社内発注システムの改修」など

 Q6で「部門横断の業務プロセスの再設計」と回答した対象者に、「Q7.具体的な再設計の例があれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=99)と質問したところ、「業務フローの見直し」や「社内発注システムの改修」など54の回答を得ることができたとしている。

 <自由回答・一部抜粋>

  • 40歳:業務フローの見直し。
  • 53歳:社内発注システムの改修。
  • 54歳:しっかりルール化をしないと抜け漏れが発生する。
  • 56歳:経理、IT部門からメンバーを選出しプロジェクトチームを立ち上げた。
  • 32歳:請求書様式の見直し。
  • 34歳:ソフトの再検討。
  • 45歳:新たなシステムの導入。
  • 54歳:情報システム部門と設計製造部門の一部を統合し対応する。

インボイス制度への対応について、約半数が「DX関連部門」と連携

 「Q8.インボイス制度への対応について社内のDX関連部門と連携して取り組んでいますか。」(n=205)と質問したところ、「すでに連携している」が47.8%、「まだ連携していないが取り組む予定」が22.4%という回答となった。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

DX関連部門との連携における課題、「部門横断の業務プロセスの再設計」が59.0%で最多

 Q8で「すでに連携している」「まだ連携していないが取り組む予定」と回答した対象者に、「Q9.DX関連部門と連携するにあたり課題感を持っていますか。その場合、該当するものを選択ください。(複数回答)」(n=144)と質問したところ、「部門横断の業務プロセスの再設計」が59.0%、「DX推進体制の構築」が43.1%、「ITスキル人材の不足」が40.3%という回答となっている。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

約半数の企業が、取引先に課税事業者への移行を依頼・依頼予定

 「Q10.免税事業者の取引先に課税事業者への移行を依頼しましたか。」(n=500)と質問したところ、「すでに依頼した」が19.8%、「まだ依頼していないが依頼する予定」が27.6%という回答となった。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

取引先が課税事業者への転換をしない場合に、78.7%が「今後の取引に影響する」と回答

 「Q11.取引先である免税事業者が課税事業者への転換をしなかった場合、今後の取引に影響すると思いますか。」(n=287)と質問したところ、「非常に影響があると思う」が26.1%、「やや影響があると思う」が52.6%と回答している。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

取引先が課税事業者への変更せずとも、半数以上が「最大3年間は取引を継続する」意向あり

 「Q12.取引先が免税事業者のままであるとしても(課税事業者への変更せずとも)どれほどの期間、取引を継続する意向がありますか。」(n=287)と質問したところ、「1年間は取引を継続する」が18.8%、「2~3年間は取引を継続する」が33.8%という回答となっている。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

【関連記事】
半数の企業が属人的なデータ活用 ウイングアーク1stがDX人材およびデータ活用の実態調査を実施
ウイングアーク1stのBIダッシュボード「MotionBoard」、製造業向けソリューションを提供へ
35.8%がインボイス制度への対応に向けて「具体的に動いている」と回答──ウイングアーク1st調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17131 2022/12/16 16:10

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング