SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Vade、新アドオン「Threat Intel & Investigation」を提供開始

 Vadeは、同社の主力製品「Vade for M365」のアドオン機能「Threat Intel & Investigation」の提供開始を発表した。

 Vade for M365は、Microsoft 365向けのAIベースのメールセキュリティソリューションだ。Microsoftのネイティブなセキュリティをすり抜ける高度なフィッシング、スピアフィッシング、マルウェアの脅威をキャッチする。

 今回追加されたThreat Intel & Investigationは、SOCとMSPが調査を自動化し、対応を組織化して、活動中の脅威に対して迅速かつ正確に対処するための以下の5つの中核的な機能を備えているとのことだ。

ファイルの検査

 管理者をリスクにさらすことなく、Vade for M365のインターフェースでファイルと添付ファイルを直接分解する。ファイルと添付ファイルに関する重要な詳細を明らかにし、管理者に必要なデータを提供して、より迅速な意思決定やネットワーク全体の脅威をクロスチェックし、影響を受けるエンドポイントとユーザー全体にわたってインシデント対応のスピードを速めるという。

ログのエクスポート

 Vade for M365のAPIを利用した強力な双方向の統合により、行き交うメールとイベントログをあらゆるセキュリティ管理システムに挿入する。Vadeのメール脅威インテリジェンスを組織のSIEMまたはSOARに接続して、自動化プレイブックを起動し、災害復旧プログラムを強化する。

Reported emails

 ユーザーから報告されたメールの収集を自動化し、同様の報告されていないメールを1つのダッシュボードにまとめ、ユーザーベースのインシデント対応を迅速化した上で、時間のかかる手作業による調査を省く。ユーザーがOutlook経由でメールを報告するとアラートを受信し、報告されたメール、それに類似するメール、および転送されたメールをワンクリックで迅速に優先的に修復する。

メール/添付ファイルのダウンロード

 脅威アナリストによる客観的な評価を行うために未加工のメールインテリジェンスへのアクセスを提供し、従来、未加工のメールデータの検索と分析に費やされてきた貴重な時間とリソースを節約する。

Splunk向けのアドオン

 特別にソフトウェアを開発しなくても、Vade for M365をSplunkと統合する。Vadeの脅威インテリジェンスをSplunkのSIEMおよびSOAR機能と組み合わせることで、脅威の状況をよりよく把握し、迅速な対応を組織するための実用的な洞察を得られるようになるとしている。

【関連記事】
Vade for M365に報告メールの集約・修復機能が追加発表 インシデント対応時間が短縮に
マルウェア攻撃、前年の年間数をすでに上回る Vadeが2022年第3四半期レポートを発表
日本のEmotet、第1四半期と比べ約7割減 Vadeがフィッシングとマルウェアに関するレポート公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17223 2023/01/13 20:10

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング