SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

New Relic、脆弱性管理機能を追加 セキュリティをオブザーバビリティに統合

 New Relicは、テクノロジースタック全体の脆弱性の特定や対応の優先順位決定を、1ヵ所で行うことができるセキュリティの新機能「New Relic Vulnerability Management(脆弱性管理)機能」の一般提供を開始した。

 脆弱性管理機能には、K2 Cyber Securityの買収によって同社に追加された新しいインタラクティブアプリケーション・セキュリティ・テスト(IAST)が含まれているという。これによりエンジニアチームはコードを変更したり、通常の業務を中断したりすることなく脆弱性テストを実行できる。

 また同機能は、New Relicの既存の30を超えるオブザーバビリティ機能に自動的に追加されるという。検知した脆弱性シグナルとサードパーティのセキュリティシグナルをTelemetry Data Platform(TDP)に統合し、すべてのエンタープライズ・テレメトリデータを単一ツールでモニターし、管理できるとしている。

New Relic Vulnerability Management(脆弱性管理)機能の主な特徴

画像を説明するテキストなくても可
クリックすると拡大します
  • 追加設定不要で可視性を確保

  • 新たな脆弱性のテスト機能(リミテッドプレビュー)

  • オープンなサードパーティ連携

  • リスクの自動的な優先順位付け

  • 新たに発見された脆弱性に関するアラートの発信

【関連記事】
クラウド移行を進める電通、基幹業務システム/共通基盤システムに「New Relic」を採用
CTC、SaaS型のオブザーバビリティ・プラットフォーム「New Relic One」を提供開始
デル、高パフォーマンスとセキュリティを備えた「New Wyse 5470 All-in-Oneシンクライアント」を販売開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17343 2023/02/09 16:15

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング