SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ラック、「AIクラウドセキュリティ運用支援サービス for AWS」の機能拡張を発表

 ラックは、AWSへのサイバー侵害に対応する「AIクラウドセキュリティ運用支援サービス for AWS」において、新たな機能拡充を発表した。具体的には「ネットワークファイアウォール機能(Network FW)」、「クラウド設定検査支援機能(CSPM:Cloud Security Posture Management)」および「脆弱性管理支援機能(VM:Vulnerability Management)」を拡充し、2023年3月10日より提供を開始する。

 今回のサービスは、従来のWAF機能の支援に加え、新たにCSPM、VMおよびNetwork FWにも対応。新サービスでは、ラックのセキュリティ監視センターJSOCで培った独自の知見や脅威インテリジェンス、AIによるデータ解析を活用することで、「情報の収集、分析判断、対応」を強く支援するとしている。

 CSPMおよびVMについては、検知された設定不備や脆弱性に関する通知アラートを、推奨する対応を含め日本語でわかりやすく通知する。これにより、セキュリティ専門スキルをもっていない担当者が通知アラートを受け取った際でも内容を把握しやすく、インシデント発生時に重要となるサイバー侵害の初動対応をスピーディーに行うことを実現するという。

 今回同社が発表した「AIクラウドセキュリティ運用支援サービス for AWS」の主な機能は以下の通り。

  • WAF:最新防御ルールの自動運用、攻撃アラート情報の自動分析を提供、最新防御ルールのAIを活用した自動運用、攻撃アラート情報の自動分析を提供
  • クラウド設定検査支援機能「CSPM」:AWS Security Hubを中心としたネイティブセキュリティ機能による検知結果と、サービス独自の調査結果を組み合わせて、設定不備の検知および対策を支援
  • 脆弱性管理支援機能「VM」:Amazon Inspectorを活用し、Amazon EC2、Amazon ECR上のシステムにおける既知の脆弱性有無を検査し、迅速に発見。対処方法をユーザーに通知
  • Network FW:AWSの仮想ネットワーク「VPC(Virtual Private Cloud)」間の通信やアウトバウンド通信を対象にAIを活用した自動分析を提供し、マルウェア通信などをブロック

【関連記事】
自治体で初めて三重県がSlackを全庁導入 5月から開始
ラック、イスラエルのSygnia社と業務提携 急増するサイバー事案への対処能力向上を目指す
ラック、「AIクラウドセキュリティ運用支援サービス」提供 AWSに対応しサイバー侵害対策を強化
ラックと芝浦工業大、防災・減災を可能にするスマートシティの実現を目指し産学連携を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17480 2023/03/10 15:15

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング