SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ランサムウェアで身代金を支払いがちな組織、より繰り返し被害を受ける傾向に バラクーダが調査結果を発表

 バラクーダネットワークスは、調査レポート「2023年ランサムウェアに関する考察」を発表した。これは米国、EMEAおよびAPAC諸国の従業員規模100~2500人の様々な業種の企業におけるIT専門家を対象としたもの。

 発表によれば、調査対象となった組織の73%は、2022年に少なくとも1回のランサムウェア攻撃の被害を報告しており、38%は2回以上攻撃を受けたと回答。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 複数回攻撃を受けた組織は身代金を支払ったという回答が多く、3回以上攻撃を受けた組織の42%が暗号化されたデータを復元するために身代金を支払ったのに対し、攻撃を1回受けた組織の場合、身代金を支払った割合は31%となっているという。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 ランサムウェアの標的となった業界は大きなばらつきが見受けられ、消費者向けサービスの98%、エネルギー、石油・ガス、公共事業の85%が、少なくとも1回のランサムウェア攻撃を経験している。また、エネルギー、石油/ガスおよび公共事業の業界においては、2回以上のランサムウェア攻撃の被害を報告した割合が53%と最も高い。

 今回の発表にあたり、バラクーダのCTOであるFleming Shi氏は次のように述べている。

 「2022年にランサムウェアの被害を受ける組織の数は、RaaS(ランサムウェア・アズ・ア・サービス)の提供による低コストでアクセス可能な攻撃ツールの普及を反映していると思われます。また、繰り返し被害に遭う割合が比較的高いことから、最初のインシデントの後、セキュリティギャップが十分に対処されていないことがわかります」

【関連記事】
メール攻撃からの回復コストは平均で100万ドル以上に バラクーダが調査結果を発表
バラクーダがランサムウェア攻撃の調査レポートを発表 Lockbitなどの攻撃事例も掲載
1企業あたり平均31のSaaSアプリケーションを導入――バラクーダネットワークス調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17780 2023/05/22 19:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング