SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

イトーキ、“オフィスデータ”の活用へ 新サービスと独創的なオフィス家具を投入

 2023年6月9日、イトーキは「デジタルソリューション&プロダクト記者説明会」を開催した。

 同社は創業133年目を迎える中で、「ITOKI Smart Office Concept」としてオフィス家具から空間設計、働き方のコンサルティング(ABW:Activity Based Working)といった既存事業に加え、働き方に主軸をおいたオフィスDX事業を推進。従来一般的であった効率だけを追求するようなオフィスではなく、イノベーションを生み出すためのオフィスが求められている中で、「Tech×Design」をキーワードとして“オフィス3.0”の世界観実現を目指しているという。

[画像クリックで拡大]
コンサルティングから運用支援までのフロー図
[画像クリックで拡大]

 これにともない、2023年の新製品では「共働:ハイブリットワークで離れた人々がいかに一体感をもてるか」「共創:足を運びたくなりコラボレーションが生まれるオフィスの在り方」「共生:サステナビリティを追求した持続可能なワークプレイスの実現」の3つをコンセプトに据えている。アフターコロナの様相を呈している状況下、特に“働く場所”と働き方が重要視されているとして、同社常務執行役員 スマートオフィス商品開発本部長の長尾和芳氏は、「『自己編集型ワークスタイル』を実現できるオフィスをいかに提供できるか。働き方がどんどんと変わる中でオフィスもアジャイルに変化する必要があり、データによる可視化が必要になる」と述べる。

[画像クリックで拡大]

 また、同社が首都圏2,000人のオフィスワーカーに実施した調査結果によると、依然として会議形態として“Web会議が8割に上る”という回答が得られているという。「相手の様子がわからなかったり、雑音が気になったりというWeb会議特有の不満が聞こえている」と同社スマートオフィス商品開発本部 副本部長 プロダクト開発統括部 統括部長の羽柴千明氏。そこで下図左のような一般的な会議室に対して、ディスプレイを大画面かつ2画面化し、カメラを目線の高さに設定したような“ヨコ型”のオフィス(下図右)が有効だとして「Panora」という新製品を投入。前述したような不満解消につながり、Webからの参加者と現地参加者が一体感をもって会議を進められるとした。

[画像クリックで拡大]
ヨコ型の会議室に半円テーブル、大画面モニタなどを配置
[画像クリックで拡大]

 さらに「オフィスの木質化」にも注力するとして、木材によるCO2吸収の面などでサステナビリティを確保した「FEELS」「solmio」をラインナップに追加。スチールパーティションを木質化した、木製のフレームワークに囲まれた自然な空間を実現しているという。

イトーキ社内に設置された「solmio」
[画像クリックで拡大]
指向性スピーカーを活用することで、Web会議の音声を雑音にさせない意匠
[画像クリックで拡大]

 こうしたオフィス家具によるアプローチに加えて、データを活用したアジャイルなオフィス実現のためのサービスについて、イトーキ 執行役員 スマートオフィス商品開発本部 ソリューション開発統括部 統括部長 八木佳子氏は、「オフィスの中ではたくさんのデータが発生しており、それらを集めて新しい価値に変えようという試みをしている」と紹介する。下図のようなデータを統合していく中で、既にローンチしているヒトに関する生産性データ、活動データ、稼働データを集約する「Performance Trail」「Workers Trail」というサービスに加えて、オフィスレイアウトデータに関する「ITOKI OFFICE A/BI」を新しく提供していく。

[画像クリックで拡大]

 新サービスとなる「ITOKI OFFICE A/BI」では、集約したデータをオフィス空間上に可視化でき、リアルタイムで音を測定して会話が盛り上がっているかを表示したり、どのように移動しているのかなどを確認することができるという。データを蓄積することで、パフォーマンスが高い従業員がどこにいたのか、人間関係が上手くいっている従業員はどこにいるのか、あるいは特定の世代や性別の人がどのような行動をしているのかなどを可視化できるとした。

オフィスレイアウト図面上にデータを可視化
[画像クリックで拡大]

 なお、同サービスは2024年始めのローンチを目指しており、蓄積されたデータに基づき、有効な打ち手を提言できるようなソリューション提供も検討しているという。

【関連記事】
イトーキ、次世代経営基盤として「Oracle Cloud ERP」を導入へ
オフィスワーカーの半数がセキュリティ教育歴なし KnowBe4が日本のトレーニング実態調査を発表
日本テクノ、バックオフィスの業務効率化のためAI搭載FAQシステム「sAI Search」を導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

岡本 拓也(編集部)(オカモト タクヤ)

1993年福岡県生まれ。京都外国語大学イタリア語学科卒業。ニュースサイトの編集、システム開発、ライターなどを経験し、2020年株式会社翔泳社に入社。ITリーダー向け専門メディア『EnterpriseZine』の編集・企画・運営に携わる。2023年4月、EnterpriseZine編集長就任。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17887 2023/06/14 14:37

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング