SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NEC、日本向け生成AIサービスを開始 AIのプロフェッショナル組織も新設

 NECは、顧客に合わせてカスタマイズ可能な生成AIを開発し、LLM(Large Language Model:大規模言語モデル)のライセンスから日本市場のニーズに合わせた専用ハードウェア、ソフトウェア、コンサルティングサービスなどを提供する「NEC Generative AI Service」を、7月から順次提供開始する。

 また、NECの知見と顧客のナレッジを連携させ、モデル作成や、LLM活用のためのソフトウェア整備、組織立ち上げなどを包括的に支援するプログラム「NEC Generative AI Advanced Customer Program」を約10の企業・大学と共に立ち上げたという。言語モデルのカスタマイズ、業務アプリケーション開発、環境整備、人材育成などの包括的支援と、参加企業同士の交流を促進するプログラムだとしている。

クリックすると拡大します

 NECは5月から生成AIの社内業務利用を開始し、社員が安全・安心に使える体制と仕組みを2週間で構築。その結果、資料作成の時間を50%削減、議事録作成の時間を平均30分から約5分に短縮、また社内システム開発におけるソースコード作成業務の効率化で工数80%の削減などの成果も出始めているとのことだ。

 同社が開発したLLMの特長は、業務で求められる知識量および文書読解力をもつ日本語能力と、モデルサイズがコンパクトであることだという。

クリックすると拡大します

 また、顧客業務にLLMを組み込みやすくするためのソフトウェア「NEC Generative AI Framework」の提供も行うという。LLMは「Microsoft Azure OpenAI Service」やNECが開発したものをニーズに合わせて提供する。機密情報を扱う顧客向けにオンプレミスなどセキュアな環境もクラウドサービスと共に提供するとしている。

クリックすると拡大します

 なお、同社はAIのプロフェッショナルで構成される専門組織「NEC Generative AI Hub」をCDO直下に7月1日付で新設。生成AI関連事業において、今後3年間で約500億円の売上を目指すとしている。

NEC Corporate EVP 兼 CDOの吉崎敏文氏のコメント

 Generative AIがもたらす変化は計り知れず、これまで活用しきれていなかった知恵の再構築が進んでいきます。NECは、これを成長の機会ととらえ、お客様のビジネス変革に貢献すべく、NEC Generative AI Serviceをリリースします。これは、長年培ってきたAIのノウハウに基づく国産Generative AI環境と、戦略協業関係にあるMicrosoft社のAzure OpenAI Serviceを組み合わせることで、セキュアで安全・安心な環境を提供するものです。

【関連記事】
日本オラクルら、NEC印西データセンターにOCIへの接続拠点を設置 クラウド活用を支援
NECネッツエスアイ、セキュアなローカル5G環境提供へ トレンドマイクロなどの製品活用
NEC、AIにより鉄道の復旧ダイヤを作成するシステム構築 復旧時間を短縮へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18054 2023/07/10 19:13

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング