SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

「CData Drivers」V23をリリース、Google広告でのビュー提供など機能追加

 CData Software Japanは、270以上のSaaS/データベースに対応する「CData Drivers」シリーズのメジャーアップデート版V23をリリースした。

 新バージョンでは、Google広告、Google Analyticsで分析に便利な事前定義ビューの提供、TableauからのAS/400のDB2データ利用、Snowflakeのストリームオブジェクトでの変更データ抽出など、多くの機能追加が行われているという。

 CData Drivers V23におけるリリースのポイントは以下のとおり。

SaaS、DB、ストレージなどのデータソースに対する機能追加
  • Google Ads & Google Analytics:プリセットのビューにより、ディメンションの知識がないユーザーもドライバーの利用が可能に
  • Microsoft Teams:チャネルメッセージにおける返信の取得、添付ファイルのダウンロードをサポート
  • DB2:Tableauが発行するCONTAINS、STARTWITHなどのクエリをサポート。TableauからのAS/400のDB2へのリアルタイム接続を実現
  • Snowflake:ETL/ELTツールとCDataドライバーを組み合わせることで、ストリームオブジェクトよりSnowflake上の変更データを抽出可能
  • Google BigQuery:カラム名変更をサポート
  • スマレジ:条件指定が必須のテーブル/ビューでデフォルト値を設定。フィルタリングをサポートしていないkrewDataなどのツールからの利用を実現
  • Microsoft Excel:AggregateFilesをサポート。フォルダ内の複数ファイルを統合してクエリ出力可能に
  • Salesforce Marketing Cloud:UPSERTステートメントをサポート
  • Pinterest:account analytics reportをサポート
  • HBase:パフォーマンス改善
  • Facebook Ads:Graph APIとMarketing APIのバージョンを分離し、バージョン追従アップデートを容易に
  • Airtable:新しいOAuth、Personal Access Tokenの認証方式に対応。Metadata API、Comments API、Webhook API利用が可能に
  • Apache Phoenix:Array型のサポートとArray型でのPhoenixへの書き戻しに対応
  • Amazon Marketplace:SellingPartnerがデフォルトのスキーマに
  • Oracle:getBlobをサポート
  • Salesforce Marketing Cloud Account Engagement:VisitorAcitivites、EmailClicks、ListMembershipsなどのテーブル/ビューでIDのデータ型を変更し、大容量データでの利用を可能に
  • Shopify:GraphQLスキーマでCUDをサポート
製品全体の機能追加
  • 計算を含むクエリをサポート
  • SELECTモデルをODataでサポート
  • CTE(共通テーブル式)のWITH句での利用をサポート
  • メタデータレポートでのCHARデータ型をサポート
接続技術のプラットフォーム刷新への対応
  • ADO.NET:Microsoft SQL Server 2022 Reporting Services(SSRS 2022)のサポート
  • ODBC:C++ Runtimeのアップデート
APIバージョン変更のサポート
  • Yahoo Ads API Version 10
  • Instagram API Version 15
  • Facebook API Version 15
  • Google Ads API Version 12
  • LinkedIn Ads Marketing API
  • au PAY Market API
  • Zoho CRM API Version 14
  • Backlog API Version 2
  • Bing Search Services API
  • Shopify API Version 2023-04

【関連記事】
CData、「CData Sync」の新バージョンV23を提供 CDC機能強化など実施
CData、ケートリックと業務提携 「consentFlow」が250以上のシステムと連携
「XC-Gate.V3」と「CData JDBC Drivers」が連携、SaaSデータを利用可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18068 2023/07/12 16:20

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング