SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

三井住友カード、拡大推計消費データで「Custella」強化 “人の質”から商圏判断へ

 2023年8月1日、三井住友カードはCustellaの新サービス説明会を開催した。

 Custellaは、キャッシュレスデータを加盟店のマーケティング支援に活用できるサービス。ここ20年でキャッシュレースデータが増大しており、クレジットカード会員の属性データや加盟店での決済データなど1000万人超の会員データを有しているという。特に、コロナ禍を経た数年でキャッシュレス決済比率がさらに高まっており、2018年以降はQRコード決済も増えてきていると説明する。

 三井住友カードでは、同サービスを担うデータ戦略部組織も拡充させており、データアナリスト、データサイエンティスト、データエンジニア、データビジネスプランナーという4職種を軸としてデータ活用に取り組み、同職種の中途採用も増やしていると話す。同社マーケティング本部 データ戦略部 データビジネスグループ部長代理 登坂崇平氏は、顧客理解や商圏内での購買行動、プロモーションの3つおいてCustellaを主に活用できると紹介。消費トレンドを可視化する「Custella Trend」、顧客属性の特長を把握するBI「Custella insight」、消費分析地図サービス「Custella Maps」などのサービス展開が進められている中で、今回新たに「拡大推計消費データ」に対応することが発表された。

三井住友カード マーケティング本部 データ戦略部 データビジネスグループ部長代理 登坂崇平氏
三井住友カード マーケティング本部 データ戦略部 データビジネスグループ部長代理 登坂崇平氏

 この背景として、カード決済や現金払い、QRコード決済を含めた消費量を把握したいというニーズが高まっていたことが大きいという。まずは、Custella Mapsに拡大推計消費データを搭載した形でサービス提供される。なお、拡大推計消費データの開発においては、日本総研がビッグデータ解析などを担当し、ゼンリンマーケティングソリューションズが日本各地域における特性を考慮した推計ロジックを構築。同部 データサイエンスグループ部長代理 堀郁哉氏は「3社のノウハウや知見があわさることで、信頼性のある拡大推計手法を実現できている」と強調する。

三井住友カード マーケティング本部 データ戦略部 データサイエンスグループ部長代理 堀郁哉氏
三井住友カード マーケティング本部 データ戦略部 データサイエンスグループ部長代理 堀郁哉氏

 拡大推計消費データが搭載されたことでCustella Mapsは、キャッシュレスデータや購買データを基にした顧客理解、出店戦略の策定により活かせるようになったとして、「従来の商圏分析ツールは人口動態を中心としたものだが、顧客の趣味や趣向性など『人の質』からも商圏の判断に活かせることが特長だ」と登坂氏。人口総数が多いエリアでも実際の消費活動が少ないなど、決済データによる商圏分析で“リアルな消費量”が把握できるとした。既に小売業や飲食業、サービス業を中心に導入が進んでいるという。また、業種別に「推計消費額」「推計購買回数」「推計客数」などを数値として算出することができるため、数値的根拠としても利用できる点も支持されているとのことだ。

三井住友カード プレスリリースより引用
三井住友カード プレスリリースより引用

【関連記事】
三井住友カード「Head of AI Innovation」に野口竜司氏が就任、人材育成など支援へ
三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保、経費システムに「Oracle Cloud ERP」を採用
三井住友信託銀行、UiPath導入により4年で累計40万時間以上を創出

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18180 2023/08/01 17:18

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング