SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NEC、仮想サプライチェーン上でCO2データ連携を行う実証実験に成功 32社共同で実施

 NECは、Green x Digitalコンソーシアムの見える化ワーキンググループ(以下、見える化WG)に参画し、サプライチェーンCO2データ見える化の実現に向け、仮想サプライチェーン上でCO2データ連携を行う実証実験に成功した。

 同実証実験は、2つのフェーズから構成され、今回の実証は「フェーズ2」と位置付けている。フェーズ2では、同コンソーシアムより32社が参画し、ソリューションユーザーによるCO2データの算定実務も含めた検証を行った。具体的には、素材・加工材・製品から成る3層の仮想サプライチェーン上で、同コンソーシアムの見える化WGで策定した「CO2可視化フレームワーク」および「データ連携のための技術仕様」を用いてCO2データの算定・連携を実施したという。

 成果として、サプライチェーン上の複数企業群が異なるCO2データ見える化ソリューションを使用した場合であっても、共通の方法とフォーマット、いわば共通言語を用いてCO2データを算定し、複数のソリューションが連携することによりサプライチェーンの上流から下流までCO2データを受け渡すことが可能であることを実証。今回使用したCO2可視化フレームワークおよびデータ連携のための技術仕様が普及することで、サプライチェーンCO2データの見える化の早期実現につながることが期待されるとしている。

実証実験の概要
[画像クリックで拡大表示]

 同コンソーシアムでは今後、実証実験で得られた知見をもとに、CO2可視化フレームワークとデータ連携のための技術仕様のアップデートを進めるとのこと。また、国際的な枠組みであるWBCSD PACTとの連携も強化していくという。

【関連記事】
KDDI・富士通・NECら5社、通信分野におけるSBOMの導入に向け実証事業を開始
富士通とNEC、ポスト5Gに向け基地局装置間の相互接続性検証を効率化 検証時間を30%以上短縮
日本IBMとNECが協業拡大、分散データ活用ソリューション提供で企業規模に応じたDX推進を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18207 2023/08/04 17:45

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング