SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日立ヴァンタラ、ワークロード管理など支援するデータプラットフォームを提供へ

 日立製作所の米国子会社であるHitachi Vantara(日立ヴァンタラ)は米国時間10月10日、ハイブリッドおよびマルチクラウドのインフラ全体でITリーダーが直面している重要な課題に対処するため、既存のデータストレージ・ポートフォリオを単一のハイブリッドクラウド・データプラットフォーム「Hitachi Virtual Storage Platform One」に集約していくことを発表した。

 Hitachi Virtual Storage Platform Oneは、ブロックストレージ、クラウド、ソフトウェア・デファインド・ストレージなどのワークロード間で単一のデータ基盤や制御基盤を提供し、AIを活用した単一のソフトウェア・スタックで管理するという。

 また、インフラ、データ、アプリケーションのサイロを解消することで、必要なデータを必要なときに必要な場所で利用できるデータ基盤を提供。同プラットフォームにより、以下のようなワークロードとデータリソースの管理が可能になるとしている。

  • ユーザーがバックエンドの手作業を待つことなく、クラウドスケールでレプリケーションなどのデータサービスを利用可能とするクラウドセルフサービス
  • 手動で管理することなく、状況の変化に応じてワークロードの割り当てやリバランスを行い、ストレージプールを最適化するワークロード管理
  • 業界をリードするレプリケーションと同期アクティブ・ストレージクラスタを使用。性能に影響を与えることなく、可用性と耐障害性を確保する統合されたコピーデータ管理

 なお、日本国内では、Hitachi Virtual Storage Platform Oneの提供開始を2024年に計画しているという。

【関連記事】
日立、富士通、三菱UFJ信託銀行ら8者、分散型IDと連携したデジタル証明書活用に向け協業
日立、三井E&S、三井倉庫の3社、AIを活用し港湾のターミナル運営効率化する技術開発に着手
日立ソリューションズ、企業向けフルクラウド化支援サービスを提供 オンプレの認証をAzure ADに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18568 2023/10/11 16:20

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング