SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日立、英国で大型EVトラック向け充電ネットワーク構築へ トラックの運用データ活用で知見の提供も目指す

 日立製作所(以下、日立)の英国事業統括会社である日立ヨーロッパは、英国の再生可能エネルギー事業者であるGRIDSERVEが主導する「Electric Freightway」プロジェクトの主要パートナーに選定されたと発表した。

 同プロジェクトでは、140台の大型EVトラック向けに、15ヵ所の高速道路充電サイトと10ヵ所以上の商業用充電ステーションを統合した充電ネットワークを構築する。日立ヨーロッパは、同プロジェクトやパートナーシップを通じて、5年間にわたる大型EVトラックの運用データに基づき、運行経路や車両、充電履歴などの分析を行うとしている。これによって、バッテリーや運航距離、充電インフラのモニタリングの最適化に加え、エビデンスに基づく総所有コストのモデリングを目指すとのことだ。

 2023年7月から2025年まで実施される同プロジェクトの目的は、ディーゼルエンジン駆動の大型トラックから大型EVトラックへの移行準備が完了した上で、適切なインフラ、システム、プロセス、ビジネスモデルが導入された場合に、同様のサービスを継続して提供できるかの実証だとしている。

 同社は、日立のLumadaを活用してデータの収集・蓄積や分析を行い、将来の英国での大型EVトラック活用に役立つ知見、洞察、データセットを提供予定となっている。

【関連記事】
日立、基幹システムの安定性を維持しつつ既存アプリのモダナイズを推進する新サービスを提供へ
ドローンを活用した風力発電設備の点検システムを5ヵ月で開発 日立パワーソリューションズら2社が協力
伊予銀行、次期基幹系システムに日立の勘定系パッケージ「OpenStage」を採用 2028年に稼働へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18637 2023/10/23 18:25

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング