SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NEC、全世界25万台のIT資産を「Tanium」で一元管理 脆弱性対応調査の時間短縮など実現

 タニウムは、日本電気(以下、NEC)が、海外の拠点に引き続き国内でも「Tanium」を導入し、全世界25万台のIT資産を一括管理していると発表した。

 NECは、2019年に海外拠点のエンドポイントを統合的に管理するソリューションを検討する中でTaniumの導入を決定。それまで抱えていた脆弱性の把握やIT資産管理の強化、パッチ適用の効率化などの課題に対応してきたという。

 海外と同様の課題を抱えていた国内でも、NISTサイバーセキュリティフレームワークをベースに課題を洗い出し、対策の方向性を明確化したところ、NECグループのすべての端末を一元管理するソリューションとしてTaniumが最適だと判断し、導入を決定。4ヵ月で22万台への展開を完了したとしている。

 現在は、全世界25万台の端末をTanium Cloudで一元管理しているとのこと。以前はパッチの配信に約2週間かかっていたが、Taniumを使うことで4~5日に短縮し、パッチ適用のプロセスも見直したことで、現場の工数も15分の1以下に削減できたとしている。また、かつては脆弱性対応調査に24時間以上を要していたが、今では5分程度で社内全体の脆弱性を把握できるようになり、非管理端末も検出して管理下に置くなど、管理を強化しているという。

【関連記事】
タニウム、SB C&Sと連携 中小企業向けにサイバーハイジーンソリューション提供開始
SBOMに取り組む組織は全体の6割 タニウムが日本におけるセキュリティ調査結果を発表
荏原製作所、同グループの国内外IT資産管理にタニウムを採用 パッチ適用のセキュリティ負担が大幅改善

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18663 2023/10/26 14:35

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング