SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

2024年度はAI関連製品/サービスへの投資が加速か──ITRがIT投資動向調査結果を発表

 アイ・ティ・アール(以下、ITR)は、2023年8月から9月にかけて国内企業を対象に実施したIT投資動向調査の一部結果を発表した。

調査概要
  • 調査期間:2023年8月18日~9月1日
  • 調査対象:ITRの顧客企業や主催セミナーへの出席者並びにWeb調査の独自パネルメンバーなどのうち、国内企業のIT戦略・IT投資の意思決定に関与する役職者
  • 有効回答数:2,259人

2023年度に強まったIT予算の増額基調が2024年度も継続する見込み

 2023年度(2023年4月~2024年3月)のIT予算額が「増額」したと回答した企業の割合は44%となり、前年調査の2022年度(2022年4月~2023年3月)の同回答(41%)を上回り、調査の最高値を更新した。また、2023年度は「減額」した企業が2ポイント減の5%となった。2024年度のIT予算額も「増額」を見込む企業は44%を占め、増額基調の継続が予想されるとのこと。特に、売上規模500億円以上の企業では過半数が2023年度および2024年度ともに「増額」とし、IT投資に旺盛な姿勢がみられたという。

IT予算額の増減(2022~2024年度予想)<br/>[画像クリックで拡大表示]
IT予算額の増減(2022~2024年度予想)
[画像クリックで拡大表示]

 この増減傾向を指数化した「IT投資インデックス」を見ると、実績値は3年連続で上昇し、2023年度は前年調査時の予想値(3.32)を上回る3.69となり、過去最高値である2006年度の実績値(3.88)に迫った。また、2024年度の予想値は3.60と、2023年度とほぼ同水準の高いIT投資意欲が維持されることがここでも示されたとしている。

IT投資インデックスの推移(2001~2024年度予想)<br/>[画像クリックで拡大表示]
IT投資インデックスの推移(2001~2024年度予想)
[画像クリックで拡大表示]

ビジネス領域のDXテーマへの取り組みが進展

 企業におけるDX推進に向けた具体的な施策の進展状況を確認すべく、DXに関する16項目のテーマへの取り組み状況を尋ねた。進行中・実施済みの企業は、「ワークスタイルの変革」と「業務の自動化」がともに4割を超えたが、これらを含め、ほとんどのDXテーマは前年度からほぼ横ばいとなった。

 こうしたなか、「製品・サービスの付加価値向上」や「他社との共創、エコシステムの構築」といった「製品・サービスの競争力向上領域」のDXテーマでは、進行中・実施済みの企業、さらには成果が出ている企業が増加。社内業務やシステムのDX推進だけでなく、ビジネス領域でのDXテーマに取り組む企業が増えてきたことが読み取れるという。

DXテーマの取り組み状況の変化<br/>[画像クリックで拡大表示]
DXテーマの取り組み状況の変化
[画像クリックで拡大表示]

2024年度はAI関連製品・サービスへの投資が加速

 企業ITに関わる代表的な製品・サービスを「インフラ/デバイス」「ミドルウェア」「業務系システム」「情報系システム」「セキュリティ」の5分野から全107項目を選出し、2024年度に新規で導入する可能性のある企業の割合を「2024年度新規導入可能性」、導入済み企業における2024年度の投資額の増減傾向を「投資増減指数」として算定し、動向を分析した。

 その結果、2024年度の新規導入可能性は、前年調査で2位であった「AI/機械学習プラットフォーム」が1位に上昇し、2位には今回調査項目に加えた「生成AI」が位置し、AI関連の製品・サービスが上位2項目を占めた。過去2年の調査で1位であった「電子契約/契約管理」は今回3位となり、バックオフィス業務のDXを担うサービスである「電子請求書」(今回の新規項目)がインボイス制度の影響もあり4位に続いたという。

 投資増減指数は、前年調査で2位の「5G(パブリック)」が1位に浮上し、2024年度に新規導入フェーズから投資拡大フェーズに移るとみられる。「AI/機械学習プラットフォーム」と「生成AI」は、新規導入可能性だけでなく、投資増減指数でも5位以内に位置しており、未導入/導入済み企業ともに2024年度に向けて投資意欲が高い分野となっているという。また、生成AIへの注目が影響したと推察されるが、「音声認識」および「画像認識」が投資増減指数で上位10位に入った。2024年度は、AI関連分野の製品・サービスへの投資が加速すると予想されるとしている。

2024年度に新規導入/投資増額が期待される上位10製品・サービス<br/>[画像クリックで拡大表示]
2024年度に新規導入/投資増額が期待される上位10製品・サービス
[画像クリックで拡大表示]

【関連記事】
電子契約利用は73.9%に増 JIPDECとITR『企業IT利活用動向調査2023』の速報結果を発表
案件先延ばしなどで鈍化──ERP市場に関するITR調査
企業の7割以上がテレワークと電子契約を導入 JIPDECとITRが調査結果を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18806 2023/11/20 17:50

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング