SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Sansan、「KiteRa Biz」導入で社内規程業務の工数を約5割削減

 KiteRaは、Sansanが「KiteRa Biz」を導入したと発表した。

 これまでSansanでは、オンラインストレージサービスを利用して社内規程を管理していた。しかし、上場対応や組織規模拡大などを通じて規程も社員も増えていく中で、「社員へどのように社内規程を周知徹底していくか」「規程の編集・閲覧権限のコントロールをどうするか」「変更履歴をどのように残していくか」という3つの課題が生じたという。

 また、部署や担当者ごとに規程の管理方法や改定タイミングにばらつきが生じてしまう点にも課題意識をもっていた。そこで、規程周知の徹底によるガバナンス強化、規程の作成や編集、改定にともなう業務の効率化を目的に、KiteRa Bizを導入するに至ったとしている。導入による効果は以下のとおり。

  • 規程の変更履歴を適切に残すことができるようになり、規程業務にかかる工数が約5割削減
  • 規程作成や公開、改定といった規程管理業務の属人化を解消し、業務効率化や先祖返りのリスクを軽減
  • 新たに公開された規程や改定箇所を簡単に社員が確認できるようになり、周知強化につながった
  • 社員が規程を閲覧・検索できる環境を構築し、社内のガバナンス強化を実現

【関連記事】
6割以上が原価高騰により契約を「見直した・見直しを検討した」──Sansan調査
インボイス制度開始で月次決算業務にかける時間が一人あたり平均11.9時間ほど増加──Sansan調査
「Sansan Labs」にGPTを活用した2つの新機能追加、業界動向の把握・企業検索が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19189 2024/02/08 18:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング