SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

IPA、『DX実践手引書 ITシステム構築編』を改訂 第4章に「データスペース」と「データ活用におけるAI」追記

 IPA(情報処理推進機構)は、DX未着手・途上企業の担当者を技術的側面から支援するための手引書『DX実践手引書 ITシステム構築編』の改訂版を公開した。

 『DX実践手引書 ITシステム構築編』が最初に公開されたのは2021年11月。DXを実現するためのITシステムと、それを構成する技術要素群の全体像が「スサノオ・フレームワーク」として提示された。その後、アジャイル、IoT、APIといった技術・手法との関連や先行企業の事例を追記するなど改訂を続けてきた。今回は、「データスペース」と「データ活用におけるAI」の解説を追記し、改訂したという。

 改訂範囲は以下のとおり。第4章の「あるべきITシステムとそれを実現する技術要素」における「4.4 データ活用」において、「4.4.4 データスペース」と「4.4.5 データ活用におけるAI」を追記したとしている。

章の構成

  • 第1章 DXを実現するための考え方
  • 第2章 DXを継続的に進めるための考え方
  • 第3章 DXを実現するためのITシステムのあるべき姿
  • 第4章 あるべきITシステムとそれを実現する技術要素
     4.1. DXを実現するための技術要素群の全体像
     4.2. アジャイル開発
     4.3. スピード・アジリティを支えるマイクロサービスアーキテクチャの活用
     4.4. データ活用(4.4.4 データスペース、4.4.5 データ活用におけるAI、を追記)
     4.5. API
     4.6. IoT
     4.7. 社会最適を実現するための外部サービスの活用
     4.8. 現行システムからあるべき姿への移行

今回の追記部分

4.4.4 データスペース

 データスペースの項目では、「国や組織の垣根を越えたデータの流通を可能にする標準化された仕組み」であるデータスペースについて、そのメリットや、データ連携方法と特徴などを示したという。

 たとえば、データスペースのデータ連携及び特徴の図として、①データを探す、②認証・認可、③データ転送/アクセスの3ステップを示しながら、特に③の「データ転送/アクセス」のための仕組みとして「コネクタ」を紹介。従来のように一括でデータの塊をダウンロードするような方法ではなく、多頻度でデータ単位のアクセスが行われるデータスペースでは、異なる国や組織などでもデータをスムーズに連携する仕組みであるコネクタを利用することで、データ提供者とデータ利用者がつながり、データ連携が可能となることを説明しているという(図1)。

【図1】データスペースのデータ連携および特徴(4.4.4 データスペース)
【図1】データスペースのデータ連携および特徴(4.4.4 データスペース)
[画像クリックで拡大表示]
4.4.5 データ活用におけるAI

 データ活用におけるAIの項目では、AIシステムが効果的に機能するためのデータ環境整備の観点や、AIのセキュリティ・セーフティへの課題、注目されるAIの機能とその具体例などについて紹介しているという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19458 2024/03/27 12:50

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング