SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

三菱総合研究所、日本企業のDX推進状況調査結果【2024年度版】を公表 経営戦略とDXの連動が鍵に

 三菱総合研究所(MRI)と三菱総研DCS(DSC)は、売上高100億円以上の国内民間企業を対象とした「DX推進状況調査」を実施し、調査結果を公表した。

経営×DXの連動(「経営観点」でのVUCA対応)

  • 「外部環境への柔軟な対応体制が整っており、変化に即座に対応できる」ほど、売上成果が出ている
  • 経営戦略とDXの取り組みが、内容面または指標面で連動しているほど、売上成果が出ている
  • DXは単独で実施するのでなく、外部環境に応じて策定した経営戦略を推進する手段と位置づけることが有効。KPI設計時は、DXの評価指標と経営・事業KPIを紐づけることがポイント

ヒト×生成AIの共創(「テクノロジー観点」でのVUCA対応)

  • データ・AIで意思決定を自動化するのでなく、部分的な導入を目指す割合が増加。データ・AIと人間で役割分担して意思決定する傾向あり
  • 新たな技術トレンドである「生成AI」について、ビジネス変革企業ほど幅広い用途で業務活用
  • 「生成AI」には、正確性やリスクの観点から人間のチェック・フォローが必要な領域もある。できることや精度を見定め、「ヒト×生成AI」の役割分担に基づき業務設計することが重要

総括

  • 3年連続調査の経年比較において、デジタル化の3段階の構成割合に大きな変化なし
  • 先進企業(ビジネス変革に取り組み売上成果も出せている企業)ほど、外部環境に柔軟に対応できる体制が整っており、経営戦略とDXの取り組みが連動
調査概要
  • 調査時期:2023年12月
  • 調査方法:Webアンケート
  • 調査対象:直近1年間の売上高が100億円以上の企業
  • 回答者:自社内のデジタル化・DXの取り組みに関与している従業員1000名

【関連記事】
「DX銘柄2024」選定の25社を発表 LIXIL/三菱重工業/アシックスはDXグランプリに
キヤノンMJグループ、全社員1万6千人規模でVISITS「DXクラウド」を導入
INDUSTRIAL-X、DXプロジェクト企画を自動で立案する「DX plus」発表 特許も出願中

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19762 2024/05/29 18:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング