SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

「SAP Sapphire 2024」開幕 新たな生成AI機能群を公表、Jouleの製品統合も進む

 現地時間6月4日、米フロリダ州オーランドで、SAPの年次カンファレンス「SAP Sapphire & ASUG Annual Conference 2024」が開幕した。初日の基調講演では「Bring Out Your Best.(ベストを引き出す)」をテーマに多くの発表があった。

SAPコンサルタントおよびABAP開発者向け生成AI機能が発表

 オープニングとなる基調講演のホストとして登壇した同社CEOのクリスチャン・クライン氏は、「今年は特別なSapphireになる。なぜならば、私たち全員にとって無限の可能性を秘めたAIの新たな領域に突入するからだ。この2日間を通して、皆さんのベストを引き出すためにどんなサポートができるかを考えたい」と語った。

SAP CEOのクリスチャン・クライン氏
SAP CEOのクリスチャン・クライン氏

 現在、SAPの製品ポートフォリオは、UXからビジネスプロセス、プラットフォームまで“AIドリブン”なものへと進化の過程にある。エンドユーザー視点では、生成AIアシスタント「Joule」が利用できる製品環境が増えてきたと実感しているはずだ。2023年9月に登場したJouleは、SAP SuccessFactorsから始まり、SAP S/4HANA Cloud、SAP Build、SAP Integration Suiteなどへと利用可能な製品を増やしてきた。2024年後半には、SAP Ariba、SAP Analytics CloudおよびSAPの複数のサプライチェーン管理ソリューションで、Jouleを利用可能にする計画も進行中である。

AIドリブンに変わるSAPの製品ポートフォリオ 出典:SAP
AIドリブンに変わるSAPの製品ポートフォリオ
出典:SAP

 基調講演における新発表は、CIO、COO、CFO、CHROという4つの幹部役職を想定して行われた。その中で最も多くの時間を割いて説明されたのが、CIO向けのパートである。多くの発表の中、以下2つの新しい生成AI機能群が、日本のSAP導入企業に大きな影響を及ぼすことになりそうだ。

Joule with SAP Consulting capabilities

 SAPコンサルタント向けの機能群。企業のSAP導入プロジェクトを支援するパートナーの生産性向上のために提供するもので、SAPは大規模言語モデル(LLM)に、50のSAP認定資格プログラムと20万ページに及ぶSAP製品ドキュメントを学習させた。この機能群を利用することで、SAPコンサルタントはJouleとの対話を通じて、必要な情報を迅速に得られるようになる。加えて、RISE with SAPの導入企業も、移行プロジェクトの工数削減効果が期待できるという。なお、同機能群は2024年後半の利用開始を予定している。

Joule with ABAP Developer capabilities

 ABAP開発者向けの生成AI機能群。LLMには2.5億LOCにもなる最新のS/4HANA Cloudのコードを学習させたという。2024年後半にベータ版として、最初の提供開始を予定しているものが、ABAP開発者向けのPaaS「SAP BTP, ABAP Environment」上で、ABAPビジネスオブジェクトを生成できるようにするもの。続く2025年初頭には、SAP S/4HANA Cloud Public Edition、SAP S/4HANA Cloud Private Edition、SAP BTP, ABAP EnvironmentでABAP開発者がJouleを利用できるようにする。さらに、エンタープライズ要件を満たせるコード生成ができるよう、SAPはパートナーのNVIDIAが提供するNeMoを利用し、モデルのパフォーマンス向上にも取り組む。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

冨永 裕子(トミナガ ユウコ)

 IT調査会社(ITR、IDC Japan)で、エンタープライズIT分野におけるソフトウエアの調査プロジェクトを担当する。その傍らITコンサルタントとして、ユーザー企業を対象としたITマネジメント領域を中心としたコンサルティングプロジェクトを経験。現在はフリーランスのITアナリスト兼ITコンサルタン...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19817 2024/06/06 08:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング