SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

和歌山市、住民情報系システムをOCIで標準化 ガバメントクラウドに向け紀陽情報システム・日本オラクルと連携

 日本オラクルは、和歌山市が運用する統一・標準化の対象となる基幹業務システムのうち、住民情報系システム(住民基本台帳、印鑑登録、選挙人名簿管理、就学)を、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」を利用し移行開始した。

 紀陽情報システムが同システムの運用や標準化を担っており、2025年1月に稼働開始する予定だとしている。

 和歌山市は、2023年から本格的に「地方公共団体情報システム標準化」の取り組みを進めており、ガバメントクラウドに適した標準準拠システムの運用方法を検討しているという。

 和歌山市と紀陽情報システムは、今回OCIを採用するにあたり、「積極的なモダン化に対する支援」と「圧倒的なコスト・パフォーマンス」を評価。モダン化の実施については、日本オラクルのコンサルティング・サービス部門の支援のもと、最適な設計を提案しているという。また、マルチベンダー・アプリケーションを採用する和歌山市においても、OCIはコスト効果が高く、費用を継続的に低減することができるとしている。

 OCIの採用決定とあわせて、和歌山市、紀陽情報システム、日本オラクルの3者でガバメントクラウドおよびシステム標準化に関する連携を強化。具体的には、以下のテーマに沿った共同研究を3者で行い、その成果を地方公共団体などに発信することで、2025年度末までのガバメントクラウドへの着実な移行や、政府が目標とする費用削減などの効果創出に向けた取り組みを進めていくと述べている。

  • 標準準拠システムの各種費用について、ガバメントクラウドを活用した費用低減策の可視化
  • 標準準拠システムのモダン化の効果

【関連記事】
和歌山県がTaniumを導入 5,000台の端末でリアルタイム衛生管理を実現
神戸市ら7者、データ基盤の共同利用による運動習慣に関する実証で効果を確認 市民の16%が運動量増加
JTP、宮崎県日向市の「Azure OpenAI Service」導入を支援 夏頃までに全職員へ展開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/20015 2024/07/09 15:30

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング