SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NECとNECセキュリティ、「QNX」に対応した検知ソフトウェア発売 専門知識なしで導入可能

 NECとNECセキュリティは、組み込みOS「QNX」に対応したセキュリティソフトウェア「軽量プログラム改ざん検知」を2024年7月16日より発売開始すると発表した。

画像を説明するテキストなくても可
クリックすると拡大します

 同製品の特徴は以下のとおり。

プログラム改ざん、マルウェア感染によるサイバー攻撃被害の回避・低減

 プログラム改ざんやマルウェア感染が引き起こす機器の異常動作は、自動車や医療機器では交通・医療事故による人的被害、産業機器では生産停止による金銭的な損失をもたらすという。同製品はこうした機器の異常動作を未然に防止し、人的被害、金銭的な損失の回避・低減を実現するとしている。

ハードウェアリソースに制約のある機器にも適用できる低負荷・省メモリな実装

 同製品は、独自機能のプログラム実行中の改ざん検知についても低負荷で実行できるという。また、プログラムサイズが100Kバイト程度のため、少量のメモリ使用量で動作が可能とのことだ。これらにより、従来はセキュリティ実装が困難であったハードウェアリソースに制約のある機器においても、その機器本来の動作や性能を阻害せず、省メモリな実装が可能だと述べている。

手間と時間を掛けずに、プログラム改ざん・マルウェア感染対策の導入が可能

 機器メーカーがセキュリティ機能を開発するためには、セキュリティ技術およびQNXに関する知見が必要になるが、同製品はQNXに対応していることから、専門的な知見がなくても短期間でセキュリティの法規制対応に取り組めるとのことだ。

【関連記事】
NECがServiceNow、タニウムと連携 約2万台のサーバーOS管理を強化へ
NECは星になる──DX事業強化に向けた価値創造モデル「BluStellar(ブルーステラ)」を発表
NECとCelonisが共同実証 生成AI「cotomi」とプロセスマイニング技術を連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/20022 2024/07/09 18:45

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング