SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

セールスフォース・ドットコム、「Database.com」を発表

 7日、米国セールスフォース・ドットコムは世界初のエンタープライズ・クラウドデータベース「Database.com」を発表した。同社の発表によると、Database.comは、クラウド性、モバイル性、ソーシャル性などを兼ね備えた新しいエンタープライズ・アプリケーションをサポートできる世界初のエンタープライズ・クラウドデータベース。

 オープンかつセキュアなクラウド型データベースで、Java、C#、Ruby、PHPなど様々な言語でアプリケーションを構築できるとともに、同社のForce.comはもちろん、VMforce、Amazon EC2、Google AppEngine、Windows Azureなどあらゆるクラウド上のプラットフォームやAndroid携帯電話やBlackberry、iPad、iPhoneなどのデバイスで実行可能とのこと。

 Database.comにより、企業のIT部門にクライアント/サーバ型のデータベースを上回る利便性を提供し、開発者はデータベースの調整や保守、拡張などに時間を費やすことなく、アプリケーションの構築へ集中できるようになると同社は期待を寄せる。

 本発表に対して、同社会長兼CEO(最高経営責任者)、マーク・ベニオフ氏は「私たちはクラウドデータベースが、クラウド性、モバイル性、ソーシャル性のすべてをネイティブに兼ね備えているエンタープライズ・アプリケーションへの移行を後押しする非常に大きな市場性を持つものと捉えています。今回初めて、当社の87,000を超えるお客様が信頼を寄せている実証済みのデータベースDatabase.comをオープンかつスタンドアロン型のサービスとして提供することで、これらの新しいエンタープライズ・アプリケーションの実現を促進します」とコメントを寄せている。

 Database.comは、2011年に一般提供の開始を予定しているという。

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/2716 2010/12/08 18:58

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング