SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

グループネットの「Vivisimo Velocity」がKMSIのBIツール「Yellowfin」と連携

経営層やマーケティング、営業担当者などが自ら必要なレポートを作成可能に

「Vivisimo Velocity」は、情報の最適化と活用促進を支援するエンタープライズサーチエンジンだという。システムの統合化や再構築などを必要とせず、必要な情報やコンテンツに簡単にアクセスする仕組みを提供するという。

また、検索結果から抽出したキーワードで自動的にカテゴリー分類を行う機能やメタ情報の絞り込み機能を有しているため、柔軟で多彩な検索結果の表示が可能になり検索精度は格段に向上します。

このたび、従来の文書コンテンツに留まらず、経営情報やマーケティング情報などのデータ分析でも利用したいという要望に応え、経営層やマーケティング、営業担当者などが自ら必要なレポートを作成し、自由に活用できる「Yellowfin」と連携することになったという。

「Yellowfin」と連携することにより、レポートの配布やアラート通知などにおいてデータの情報活用を促すことが可能になったという。また、PCでもモバイル端末でも同じレポートを閲覧できるため、外出が多い経営層や営業担当者にも適したソリューションだとしている。

■「Vivisimo Velocity」の詳細
http://www.groupnet.co.jp/products/velocity/

■「Yellowfin」の詳細
http://www.groupnet.co.jp/products/yellowfin/

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/4251 2012/09/25 14:44

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング