EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ハイパフォーマンススイッチの新モデル2機種も発表し、エンタープライズスイッチ製品を強化 日本HP、BYODやSDN対応のネットワーク統合管理ソフトウェア製品のラインアップを拡充

  2013/03/18 20:00

日本ヒューレット・パッカードは、ネットワーク統合管理ソフトウェアの新バージョン「HP Intelligent Management Center v5.2(HP IMC 5.2)」を発表し、同時にハイパフォーマンススイッチの新モデルとして中・小規模オフィス向け「HP 2920-24/48Gスイッチ」、および大規模データセンター向け「HP 5900AF-48G-4XG-2QSFP+スイッチ」の提供を開始すると発表した。
 

日本HPは、迅速でシンプルなネットワークの実現に向けたSoftware-Defined Network(SDN)ソリューションのポートフォリオの拡充を進めており、構成要素であるインフラストラクチャー層、コントロール層、アプリケーション層という3つの階層すべてに製品、サービスを投入しているという。

今回はその方針のもとに、「HP IMC 5.2」および「HP 2920-24G/48Gスイッチ」「HP 5900AF-48G-4XG-2QSFP+スイッチ」をラインアップに加えることで、SDN対応基盤ポートフォリオのさらなる強化を図るとしている。

「HP IMC 5.2」は、HPネットワーク統合管理ソフトウェアで、物理/仮想ネットワークを始め、論理ネットワーク、有線/無線ネットワーク、そして220社6000以上のHPネットワーク製品、および他社製ネットワーク製品を管理し、企業やデータセンター内のあらゆるネットワークを一元的に統合管理できるとしている。

今回のバージョンでは、小規模ネットワーク向け製品となる「BASIC」「BASIC WLAN」を新たにラインアップに追加し、小規模ネットワークの運用管理コストを最適化するという。同時に、各種機能アップデートや新デバイスへの対応なども行うという。

また、BYODを目的としたインフラの迅速な構築を行う製品として「IMC Smart Connect」および無線LANに対応した「IMC Smart Connect WLAN」を提供するという。接続デバイスの認識や、ユーザーのアクセス管理を行うことでBYOD環境の効率的な管理を実現するとしている。

「HP 2920-24G/48Gスイッチ」「HP 5900AF-48G-4XG-2QSFP+スイッチ」は、SDNソリューションにおけるインフラストラクチャー層を担うハイパフォーマンススイッチ製品だという。

「HP 2920-24G/48Gスイッチ」は、ボックス型10G対応のレイヤー3ギガビットスイッチで、中・小規模オフィスのコアスイッチやディストリビューションスイッチ用途に適したモデルだという。この製品には、最大4ポートの10G BASE-TおよびSFP+ポートを追加可能だという。さらに、専用のスタックモジュールによりプラグ&プレイのスタック接続を実現し、OpenFlowに対応しているという。

「HP 5900AF-48G-4XG-2QSFP+スイッチ」は、1Gを48ポート、10G SFP+を4ポート、40G QSFP+を2ポート実装したハイエンドボックス型1Uスイッチだという。データセンターのTop of Rack製品として40Gアップリンクを有し、1G接続のサーバー群を高密度に集約することができるという。

■ニュースリリース
http://www8.hp.com/jp/ja/hp-news/press-release.html?id=1383721

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5